オーストラリア留学でのシェアハウスの探し方

留学といえばやはりシェアハウス!日本ではあまり聞かないですが、オーストラリアでは現地の人が大学に入って、仕事を初めて一人暮らしをすると言ったらまずシェアハウスなほど主流です。現地の人と住んでネイティブと毎日で会話できるなんてことも夢ではありません。

今回はそんなシェアハウスの情報サイトと探し方、さらにはコツも紹介していきます。

オーストラリア留学でのシェアハウスの探し方

シェアハウス情報サイト

Gumtree

Gumtreeはオーストラリアで一番有名な情報サイトです。シェアハウス探しはもちろん、仕事やバイク・小物の中古品までありとあらゆる情報が掲載されています。オーストラリア人も日常的に使っており、オーストラリアで生活する上では欠かせないウェブサイトです。
スマートフォンアプリもあります。

Flatmate

留学生にとても人気の高い住まい探しサイトです。ミニマムステイ(例:最低3か月は住むこと)やボンド(日本で言う敷金や礼金のようなもの)に関する条件など細かく記載されており、とても見やすくなっているのが特徴です。ただしEarly Birdと呼ばれる、ある一定期間はアップグレードした人のみがオーナーとコンタクトが取れる物件や、一日に送ることが出来るメッセージの件数が制限されているなど、フリーアカウントではやや制限のあるサイトです。会費を払ってアップグレードすることも可能ですが、無料でも十分な質の高い情報を得ることができます。

日豪プレス

オーストラリアの生活に関する情報がまとめられている日本語のサイトです。オーストラリアの日系企業や在豪日本人に対しての情報を紹介している企業のウェブサイトであり、Gumtree同様、住まい情報だけではなく仕事やニュース、テニスクラブなど趣味の集い、更には「日本に帰国するので日本円と交換したい」などの情報まで掲載されています。

もちろん日本語での情報サイトなので、日本人のオーナーが日本人を中心的に探しているシェアハウスが多いです。そのためせっかくオーストラリアに留学してもシェアハウスが日本人だらけで全然英語の環境ではなかったなどは必然的に起こりえます。なかなか家を見つけられない時などに活用すると良いです。

シェアハウスの探し方

シェアハウスの探し方の手順

続いてシェアハウスの探し方の手順です。上記のツールを使って実際に家探しを始めましょう!

1. リストアップ

GumtreeやFlatmateでは気に入ったところをリストアップすることが出来ます。ミニマムステイや場所、値段など好きな条件に合ったものをとりあえずお気に入りに登録してリストアップすることで、条件に合ったシェアハウスをしぼりやすくなります。

2. コンタクト

少しでも気に入ったシェアハウスはとりあえず連絡してインスペクション(見学)の予約をいれましょう。人気なシェアハウスは誰かが引っ越した次の日にはもう新しい人が住み始めるなんてこともあります。

オーストラリアでは電話番号を利用したSMSでの連絡が主流です。基本的に連絡を取る手段はSMSか電話ですが、SMSは見ても返事をくれないことも良くあるので、返信が来なかったらもう一度連絡を入れ直してみるなど根気強くコンタクトを取っていきましょう。

3. インスペクション

住まい探しで一番重要なことがインスペクションです。情報サイトにも写真は掲載されていますが、実際に自分の目で確認しないと分からないことだらけです。インスペクションをしないで決めた結果シェアメイトが全員ラテン出身でスペイン語が飛び交っていた、物が散らかっていていつも日本人が掃除やゴミ捨てをさせられている、などということが無いように必ず目で確認して、条件をオーナーの口から聞くようにしましょう。

オーストラリアでシェアハウスを探す

インスペクションで確認すべきこと

  1. 費用
    電気水道代が別で請求されたり庭の整備費と称して別費用を取られたりすることがある上、情報サイトに掲載されている値段と異なる場合があるので、トラブルになる前にオーナーに細かく確認しましょう。同時に何週間おきに払えばよいのかも尋ねておくとベストです。
  2. 場所
     その家から毎日学校や職場に通うことになるので、実際に学校から歩いて時間を計ってみる、途中に治安の悪い場所はないかなどを確認しておきましょう。
  3. 衛生
     衛生面は日本人が一番ストレスに感じる部分なので、細かくチェックしておきましょう。日本人は世界の中でもかなり綺麗好きな国民性を持っています。トイレやシャワー、ゴミ箱周りと冷蔵庫、部屋の中などすべての部分に目を通しておきましょう。見た目や臭いなどの衛生面はどんなに綺麗な家でも一度はストレスに感じます。世界の文化を知ることが出来る良い機会ではありますが、遠慮せずにすべて確認しましょう。
  4. ルール
     ゴミ捨てや掃除のルールが決まっているか、引っ越す時は何週間前までにオーナーに伝えればよいかなどどのようなルールがあるかを確認しておきましょう。友達を家に呼びたい人は家によってそのルールが決まっていることもあるので確認しておくと良いです。
  5. シェアメイト
     シェアメイトはシェアハウスに住む中で最もストレスに感じ揉め事の火種となりうるものです。そのためどんな人が住んでいるのか、オーナーも一緒に住んでいるのか、国籍はなど聞けることは聞いておきましょう。またシェアメイトはインスペクションで会える人と会えない人がいます。会った人は将来のシェアメイトになるかもしれないので挨拶をしておくと今後仲良くなれるかもしれない上、相手がどんな人かを知ることが出来ます。

まとめ

シェアハウス探しの人気サイトと探し方をまとめました。慣れないはじめ一か月は「とりあえず」の気持ちで探し、それから長く住む家を探すのが良い家を探す一番の近道です。

また友達に空きが無いか確認するのもとても効果的です。

留学は毎週来る人と帰る人がいるので、部屋に空きが出る、または帰る人の代わりに住むと割引してもらえることなどもあります。部屋を探しているときは友達に常にその話をしているといい話が聞けるかもしれません。

留学エージェントに資料請求