フィリピン留学はどのくらい通えば良い?目的にあった留学の仕方は?

勉強 イツキです。フィリピンでの留学は最短1週間から可能で一番長い人で半年まで通います。 目的は人によって違い、観光がてらの留学、英語力向上のための留学など人によって様々。 しかし、それらの留学はどのくらいの適切なのか、フィリピンに行ったことがないので分からないという方もいるのではないでしょうか? そこで今回の記事ではフィリピンに実際留学した経験から、それぞれの目的にあった留学期間をおすすめしたいと思います。

1~2週間の留学

まずは最短である1週間、または2週間の留学。 この期間だけでは残念ですが英語力の向上はあまり見込めません。 大体の人は1週間前後でフィリピンの現地の生活に慣れ始める、先生方の英語が分かりはじめてくるため、1週間の留学では「折角慣れ始めたのに、もう帰国となってしまいます」。 もちろん全く英語が伸びないわけではありませんが、「英語力を伸ばしたい」という目的がメインの方にはおすすめできません。   この期間の留学は「観光」を目的したい人に適していると思います。 一週間だけであっても、学校の授業終了後に、レストランに行ったり、買い物ができたりするので現地の生活を楽しめますし、土日のどちらか一日かけて観光地に遊びに行った後帰国という、観光をメインに英語も学べるという留学をすることができます。 2週間であれば、週末がもう一度あるためまた別の観光地に行く事が可能であるため1~2週間以内の留学は観光目的の留学として適しています。 留学

4~6週間の留学

4~6週間、この期間の留学者が現地では多かったです。4週間以上あれば来る前からの英語の成長を実感することができます。実際に私は4週間の留学でしたが、英語力の向上、特にスピーキングが向上していると感じました。   この期間の留学は「欧米圏の留学、ワーキングホリデーを控えている人」に向いていると思います。理由として英語の基本的な文法、単語を覚える、簡単なスピーキング、リスニングという分野で大いに手助けしてくれて、それが現地の生活で活かせるからです。 日本人と話す以外、英語を話さなければならない欧米圏、英語が全く分からないのに生活をするとなっても、それはとても難しい話ですよね。しかし、この期間の留学によって実際に現地で少しは通じる英語力を見につけられます。   実際、私はフィリピン留学を4週間経験した後に、オーストラリアに留学に行きましたが、 留学当初はフィリピンで学んだことが役に経つと感じました。スーパーの店員がフィリピンの語学学校で習ったフレーズを言っていたりと、日常生活のうえでフィリピンでの経験が活きたことが多々ありました。 そのため欧米圏の留学、ワーキングホリデーを控えている人はこの期間、留学に行けば問題ないと思います。 留学

12週間以上の留学

12週間以上の留学。基本的に毎日朝から夕方までマンツーマンの授業を行うフィリピン留学。 12週間、約3ヶ月以上の滞在となると、フィリピン留学においては長期の留学になります。ではこの長期の留学ではどのような目的の留学が向いているのか? それはTOEIC,TOEFL,IELTSなど英語試験で高スコアを得たい方に向いていると思います。   フィリピンで1~2ヶ月の期間を留学していれば、基本的な英語の文法、単語等であれば理解し覚えられるようになります。 そしてその先はリーディングやライティング、リスニングの向上がメイン。 そして、そういった分野を一番活かせることは?となるとTOEICを始めとした英語試験。実際に私の周りで12週間以上の留学をしていた方はこれらの試験の高スコア獲得の為に留学をしていました。その中で一番多いのは日本人にとって英語力の指標ともなっているTOEIC。   私の現地で出来た友人は16週、約4ヶ月の留学を経験、目的は就職先の会社で必要とされたTOEIC700点以上の取得。 その友人の留学前のスコアは500弱でしたが、16週の留学の結果、スコアは815点と300点以上伸びた結果になったそうです。フィリピンの語学学校でよく設けられているTOEICコースの受講だけでなく、大方の人と同じマンツーマンレッスンと自習の結果、このスコアを獲得できたそう。 このことからも長期留学はTOEICスコア向上に活かせるといえるでしょう。もちろん海外の大学留学に必要なTOEFL,IELTSのスコア向上にもつながるため、このような目的の方に長期のフィリピン留学は向いていると思います。   今回の記事はフィリピン留学を考えている方は参考にしてみださい。自分の目的を見直し、どのくらい留学すべきかをしっかり考えて見ましょう。 留学エージェントに資料請求

フィリピン留学&語学留学 関連記事

フィリピンの都市
留学エージェントに資料請求