韓国留学にはいくら必要?気になる滞在費用について解説

留学にあたって最初のハードルとなるのが、お金の問題。
日本から約1~3時間という近距離に位置する韓国ですが、文化も習慣も異なるため滞在費用に関して全く想像がつかないですよね。

「韓国留学に行きたいけど、現地での生活にいくらかかるのか心配」
「滞在費用によって語学留学かワーホリか検討したい」

そんな方に向けて今回は、韓国・光州に交換留学生として滞在経験のある筆者が滞在費用の相場について解説していきます。
もちろん地域によって差はありますが、ひとつの目安として参考にしてくださいね。

韓国留学にはいくら必要?気になる滞在費用について解説

韓国での滞在費用は月々約80~100万ウォン

韓国での滞在費用は、月々約80~100万ウォンです(語学学校などでの授業料を除く)。
主な生活費である宿泊費、通信費、食費、交通費、娯楽費について、それぞれ解説していきます。

宿泊費

韓国での宿泊費は、月々約40~70万ウォンです。

  • コシウォン・コシテル:約40~60万ウォン(保証金・水道光熱費・通信費・食費込み)
  • ワンルーム:約40~60万ウォン(通信費込みの場合もあり)
  • ハスク(下宿):約40~70万ウォン(保証金・水道光熱費・食費込み)
  • 寄宿舎(寮):約40~70万ウォン(保証金・水道光熱費込み)
  • シェアハウス:約40~70万ウォン(通信費込み)

これらはすべて必要最低限の家具がそろっているため、短期留学で物を増やしたくないという人にも安心。

コシウォンやコシテルは比較的狭い部屋ですが食費も込みのため、「とにかく安く滞在したい!」という人にはおすすめです。
また寄宿舎は大学内に併設されていることが多く、通学もラクで便利。
最近人気のシェアハウスは韓国人だけでなく世界各国のルームメイトと共同生活ができるため、韓国語だけでなく英語を話すきっかけにもなります。

【 おすすめ記事 】

通信費

韓国での通信費は、月々約2~3万ウォンです。
プランによって料金は変動するため、できるだけ安くおさえたい場合は格安SIMやその時期限定のキャンペーンなどを利用しましょう。

韓国で携帯通信を行う場合、現地の携帯会社のSIMカードを利用する、または日本や現地でポケットWi-fiを借りるのが主な手段となります。

短期留学ならポケットWi-fiでも良いですが外出の度にルーターを持って行く必要があるため、滞在期間が長くなるとわずらわしく感じてしまう可能性があります。
また、ポケットWi-fiの契約では韓国の電話番号が手に入らないというデメリットもあります。

ちなみに私はSIMフリーのiPhoneを日本から持参し、寮やカフェの無料Wi-fiにつなげることで通信費を0円に済ませていました。
しかしいつもWi-fiを探し回らなければならず非常に不便だったので、通信費にはお金をかけてもいいんじゃないかなと思います。

食費

韓国での食費は、月々約30~40万ウォンです。
食堂やレストランの価格設定はさほど日本と変わらず、ランチは約5000~1万ウォン、ディナーは約15000~4万ウォンが目安となります。

韓国人はカフェの利用頻度が高く、ランチ後や学校終わりなど時間があればとりあえずカフェに行くことが多いです。
一杯のコーヒーが約5000ウォンなので、40万ウォンの食費のうち8万ウォンほどはカフェ代になります。

余談ですが韓国には「ボングス・ライスバーガー」という有名なライスバーガーチェーンがあり、2000~3000ウォンで購入でき味も美味しいためよく利用していました。
ほかにもローカルなお店はリーズナブルなことが多く大学の食堂も比較的安いため、食費を節約したい場合はこれらの場所を狙うのがおすすめです。

交通費

韓国での交通費は、月々約7~8万ウォンです。
日本と物価が同程度の韓国ですが、交通費に関しては日本よりも安くおさえることができます。

ソウルの場合、各交通機関の料金は下記のとおりです。

  • タクシー:初乗り3000ウォン
  • 地下鉄:1350ウォン~
  • バス:約1000ウォン~

キャッシュレス先進国の韓国には「T-moneyカード」と呼ばれる交通系ICカードがあり、現金払いよりもお得にソウルの地下鉄やバスを利用することができます。
またT-moneyカードを使えば、バスを下りてから30分以内であれば次のバスに乗り換えても追加運賃はかかりません。

韓国のタクシーも日本と比べ安くて便利ですが、市内中を走り周るバスを利用することで交通費を節約できます。

娯楽費

韓国での娯楽費は、月々約15~20万ウォンです。
娯楽費に関しては完全に人によりますが、私の場合はこれくらいでした。

お金を使っていたのは主にショッピング。
大学周辺に服屋さんやコスメショップがたくさんあり日本よりも安く手に入るため、ヒマを見つけては買い物をしていました。

そのほかにもカラオケやチムチルバン、映画館、休日には旅行に行くことも。

韓国には「コインカラオケ」というものがあり、4曲で1000ウォンなどお得に楽しむことができます。
日本人にも有名な韓国のスーパー銭湯・チムジルバンは、7000~15000ウォン程度です。
映画館も約1万ウォンと、日本よりも手頃な価格で観ることができます。

【 おすすめ記事 】

韓国での滞在費用は、日本と同じか少し安い程度

今回は、韓国での滞在費用相場について解説しました。
ひと昔前までは日本よりも安く生活できるイメージの韓国でしたが、最近は物価も上昇し日本に滞在している場合と大差がなくなっています。

とはいえ食費や娯楽費などは、自分次第で節約できます!
現地でのアルバイトを検討するなど、工夫をしながら楽しい留学ライフを過ごしてくださいね!

>韓国留学について もっとみる

留学エージェントに資料請求