韓国留学の事前準備!必要な手続きなどをお伝えします!

韓国留学の事前準備!必要な手続きなどをお伝えします!

皆さん、こんにちは。今回は韓国留学をしようと決めてから実際に韓国に渡るまでに行った手続きについてご紹介いたします。

留学を終えてみると、このサービスは不要だったな。この手続きは早めにやっておいたほうがよかったな。などわかったこともたくさんありました。

これから韓国留学に出発される方や韓国留学を考えている方に参考になれば嬉しいです。

1、まずは通う学校を決めましょう!

韓国には語学学校や語学堂など韓国語を学ぶ機関はたくさんあります。

留学期間などによっても選択肢は変わってくると思います。自分自身の目的に合った学校を決めましょう。

そして、早めに入学の手続きをおすすめします。

学校の入学が決まれば、スケジュールを組みやすいと思います。留学中の住居も決めやすいですし、航空券の予約なども早めにできますね。

【おすすめ記事】

2、滞在方法を決めましょう!

学校が無事に決まったら、韓国滞在中に住む家を決めましょう。

語学堂は、大学附属の語学学校なので学生寮が用意されていたり、大学の近辺にも下宿先も多く比較的見つけやすいと思います。日本にいながら、韓国に住む家を決めなきゃならないので、ネットでの情報が全てです。

住宅の設備だけでなく、周りの環境の詳細なども確認して不明点などは確認しましょう。

部屋は綺麗だけど治安があまり良くなく、夜間の一人歩きは危険など、実際に聞かないと分からないこともありますので、ご注意ください。

3、航空券を予約しましょう!

早ければ早いほど、航空券は安いですので早めに予約をすると節約できますね。

首都ソウルに行く場合は、仁川空港・金浦空港を利用すると思います。仁川空港行きの航空券の方が安いので利用を検討される方の多いかもしれませんが、個人的には金浦空港を利用することをおすすめします。

電車でも30分程で、都心部に移動できますし、空港の仁川空港に比べて小さいので迷うことが無いと思います。

私は、韓国に留学する前に韓国に遊びに行ったことも無かったので、空港お出迎えサービスを予約していましたが、振り返って見ると不要だったかなと思います。

韓国の電車は比較的わかりやすいですし、空港バスも運行しています。

タクシーも日本のようには高くないのでタクシーを利用してもよかったかもしれません。金浦空港から明洞辺りまで約300,000W程度で行くことができます。

その中でも一番のおすすめはまた、空港バスです。約150,000Wでソウルの中心部まで行くことができます。

一つだけ覚えておいていただきたいのが、韓国は通勤地獄と言われるほど、電車も道路も混みます。

時間帯によりますが、重い荷物をもって通勤ラッシュ時に電車に乗るのは相当きついですし、タクシーに乗って渋滞にはまり倍以上の料金を請求されることもあるかもれません。バスなら超過料金も取られませんし、安心です!

【おすすめ記事】

4、保険に入りましょう!

日本でも保険に加入しているように、韓国でも保険に加入しましょう!

保険に加入せずに、万が一韓国で怪我をした病気になったという理由で、病院に行かなければならない場合は全額自己負担になりますのでご注意ください。

語学学校は保険の加入は任意でしたが、延世大学の語学堂は保険加入が必要でした。何かあったらどうしようと思って、留学生活を過ごすよりは、保険に入っていれば安心ですよね。

私が留学していた時にも、クラスメイトが大きなけがをしてしまい手術をしましたが、保険適用により少額の料金で退院することができました。何が起きるかわかりませんので、保険には加入しておくことをおすすめしますよ。

5、日本の携帯のSIMロックを解除しておきましょう!

留学の期間によりますが、日本の携帯の契約を継続するにしても解約するにしても、SIMロック解除されていることを確認してみてください。

SIMロックを解除しておくと韓国の携帯会社のSIMに入れ替えるだけで、韓国のキャリアの回線を利用できます。つまり、Wi-fi環境がなくても携帯を使用できます。

留学生は現地で携帯を契約することが難しいと思いますので、SIMロック解除は必須ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は私が韓国留学をする前に行った手続きをご紹介しました。

何を準備したらいいのか分からない人も多いと思いますが、これらの手続きを準備していただけたらとりあえずは韓国で生活ができると思いますよ。

充実したいい時間を過ごすためにも、早めに準備して万全な状態で韓国に行ってくださいね。

>韓国留学について もっとみる

留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断