韓国留学までの道のり〜学校選びから入国まで〜

みなさんこんにちは!韓国へ1年3ヶ月留学をしておりましたユンカと申します!
今、韓国は若い世代を中心に大人気ですよね。アイドル、コスメ、ファッションどれも魅力的で韓国語ができるようになりたい、自分の好きなアイドルが何を喋っているか理解したい!という方も多いのではないでしょうか。そして、韓国留学に興味がある方も多いはずです。
そこで、そんな方々に向けて今回は韓国留学を実際に経験した私から留学準備の話をメインにご紹介したいと思います!是非最後までご覧ください^^

韓国留学までの道のり〜学校選びから入国まで〜

留学までのざっくりとした主な流れ

①いつ、どのくらいの期間行くかを決める

②学校探し、書類提出期間、必要な書類の確認

③書類準備、提出

④学費入金

⑤ビザ申請、航空券購入

⑥入国、入寮

という形になります。

ここからは1つずつ詳しく説明していきます。

①いつ、どのくらいの期間行くかを決める

大体半年程前から決めると余裕があると思います。
基本的に約3ヶ月(1学期分)からで、夏季などは数週間だけの短期を受け付けている学校もあります。
(コロナの状況により今は短期などは受け付けていない可能性が高いです)
私は初めての留学で生活環境が合わず途中で帰りたくなるかもしれないなど不安があったので6ヶ月の予定で渡韓し、そこからはもっと韓国語を勉強したいと思えたので3ヶ月ごとに延長していました。

②学校探し、必要な書類の確認

学校探しは、まずソウル市内か、地方かという選択になると思います。
私もかなりソウル市内か地方かで悩みました。ソウル市内のメリットは有名な観光地が多く、旅行で行ったことがある方は土地勘もある程度あり、標準語という点があると思います。しかし逆に地方に比べて学費が高く、日本人が多いというデメリットも考えられます。私は留学前に旅行でソウルには何回か行ったことがあったので最初からなんとなく土地勘があり地方ほど不安がなかったのと、都心部の有名な場所へ遊びに行ってみたかったので結果ソウルを選びました。標準語という部分も気にしていましたが地方の学校でももちろん授業では標準語を習うのでそこまで大きな差はないのかなと思いました。値段、施設、環境、有名度、なにを一番優先で決める方が考えてみてください!
(サイトが韓国語や英語でわからない時はGoogle Chromを使うと自動で翻訳してくれますよ^^)

③書類準備、提出

学校を決めたら、必要書類の準備に入ります。学校によると思いますが最終学歴証明書は英文発行に時間がかかったので学校が決まり次第早めに申請しておくことをお勧めします。残高証明証も同じく英文で発行ですがこちらはその日の内にしてくださりました。
学校ごとに必要なものは少しずつ変わってくるかもしれませんが
•志願書
•学習計画書(英語または韓国語で)
•同意書系の書類
•英文の残高証明証
•英文の卒業証明書、成績証明書
•パスポートなどのコピー
などを準備しました。
提出はメールか郵便になります。

④学費入金

書類提出すると学校側で書類審査がありそのあと授業料の入金を行います。海外入金は銀行や郵便局、海外送金会社など調べると出てくるので手数料や送金の速さを比べたりして決めましょう。
そして学校から入学許可証などの書類が発行され、ビザの発行をするための準備に移ります。

⑤ビザ申請、航空券購入

入学許可証が発行されたら、必要な書類を持って大使館へ向かいます。
これも各大使館によって少しずつ変わってきますが
・パスポート
・顔写真
・入学許可証
・残高証明証
・事業登録証(入学許可証と一緒に来ます)
・(身元保証書)
を準備しました。
自分の向かう大使館のサイトも同時に確認してみて、不安だったら電話をして確認してもいいと思います。

大使館のビザ受付は1日中やっているわけではなく午前は受付のみ、と午後は渡しのみで時間が分かれていたりするのでこちらも自分の行く大使館のホームページをしっかり確認して行きましょう。ビザはその日に発行されるわけではなく、書類不備などあるとさらに期間がかかるので入国まで余裕を持って申し込みできるといいと思います。私は提出した残高証明証が1ヶ月過ぎてしまい(1ヶ月以内じゃなきゃいけない)書類不備でギリギリになりかなり焦った記憶があります。ビザを受け取ったのは渡韓3、4日前でバタバタだったので皆さんはできるだけ余裕を持って申請されることをお勧めします、、(笑)

⑥入国、入寮

ついに入国です。基本的に自身の滞在先へは空港から自力で向かいます。重いキャリーバッグを持ったり荷物が多いので電車より高いですがバスで行くのをお勧めします。(現在は専用のバスやタクシーでPCR検査場か時間によっては学校または自身の定めた隔離場所に行く形になっていると思います。)
私の場合は滞在先が寄宿舎だったのですがその日は寄宿舎の設備説明と大学のキャンパス案内を事務の先生がしてくださりました。(韓国語で一生懸命説明してくれたのですがほとんど聞き取れずひたすら雰囲気で頷いてました(笑))
(現在コロナの影響により搭乗前にPCR検査の陰性結果提出が必要になっていると思うのでこちらも渡韓日に合わせてしっかり準備しましょう)

【 おすすめ記事 】

ここまでを私は何もわからなかったので留学エージェントにお願いしました。韓国語が全くできなくてももちろんエージェントを使わず来た子もいたので今考えれば自力でもできたな、、と思いますが時間と手間が必要なことをエージェントはすべてしてくれるので必要な書類の準備、入金だけで済み入国後もサポートしてくれる会社もあります。

以上が留学、入国までの主な流れと手続き紹介でした!
少しでも韓国留学を考えているみなさんの手助けになれば幸いです^^

>韓国留学について もっとみる

留学エージェントに資料請求