留学初めての休暇!クリスマスホリデーの過ごし方いろいろ

クリスマスホリデーの過ごし方 あけましておめでとうございます!早くも留学2学期目が始まってしまい、時の流れの速さに驚いています…。   12月上旬からの1ヶ月のクリスマスホリデー後に、久しぶりに友達に会うと、休暇中の思い出話で必ず盛り上がります。それぞれが思い思いに留学初めての休暇を楽しんでいたようです。今回は私の周りの留学生で多かった定番な冬休みの過ごし方を紹介します!

ヨーロッパやイギリス国内を旅行

ヨーロッパ留学の醍醐味は何と言っても旅行!日本から行くよりはるかに手軽に色々な国に行けちゃいます。私も、学期が終わってすぐチェコ、ハンガリー、オーストリアと東欧三ヶ国に飛び立ち、年末年始はイタリアで過ごしました。 クリスマスシーズンは、ヨーロッパのどの国もいたるところにツリーやクリスマスマーケットがあり、街全体がお祭り気分で雰囲気抜群! なのでこの時期の旅行はかなりおすすめです! 私は東欧で毎日色々なクリスマスマーケットをめぐり、食べ歩きしながら観光していました。 また年越しもそれぞれの都市特有のイベントがあって楽しいです。 私はフィレンツェのミケランジェロ広場での屋外コンサートでカウントダウンしました! 年越しの瞬間はそこらじゅうで爆竹や花火が鳴り響き、深夜とは思えないほどの明るさと活気。日本とは全く異なる雰囲気が味わえてとてもいい思い出になりました。
ウィーンのクリスマスマーケット
ウィーンで一番有名なクリスマスマーケット!
  冬のヨーロッパの旅行って極寒なのでは?と心配していたのですが、本格的に寒くなるのは2月になってから(だそう)で、この時期ならまだまだ我慢出来る程度。 それに、寒い中で飲むクリスマスマーケットのホットワインは格別に美味しいですよ!早めに予約すると旅費がかなり安く抑えられます! また周りにいる旅行先の国出身の子におすすめの観光地や美味しいお店を聞けるのも留学中ならではです。  

クリスマスシーズンにイギリス人の友達のお家にミニ・ホームステイ

 
クリスマスディナー
Christmas Dinner!(写真に写っているのはトナカイのツノをつけた友達のおばあちゃん)
  前回の記事でも書きましたが、私はクリスマス前後4日間、Leicesterという小さな町にある友達の実家にお世話になっていました。 クリスマスに友達を招待するのは珍しいことではなく、他にも仲良しのイギリス人のお家にお邪魔した子が何人かいました。これは旅行に勝るとも劣らない楽しい経験でした! まず着いてびっくりしたのがお家の広さ!3階建ての庭つきのおうちでリビングは3つほど、さらに映画鑑賞の部屋やエクササイズルームまであります!この友達は特にお金持ちだったようですが、イギリスの特に田舎町は日本より土地が安いので、一般的にも一つ一つのお家が大きいようです。 地元の中学校でのクリスマスキャロルに参加したり、暖炉(薪を火にくべる本物!)のある部屋でクリスマスムービーを見たり、ジンジャーブレッドを作ったり。 クリスマスに当日には朝からシャンパンを飲みプレゼント交換をし、夜はもちろんチキン!と映画で見るような典型的なブリティッシュクリスマスを味わえて大満足でした!  
クリスマスの暖炉
生まれて初めて本物の暖炉に薪をくべました!
 

大晦日にロンドンに花火を見に行く

これも定番の年越し。 年明けと同時にビッグベンやロンドンアイをバックに打ち上げられる花火はかなりの絶景だったようです。 イギリスに留学でもしてないとなかなかチャンスがないですよね。 数年前から花火観覧がチケット制になり、あらかじめチケットをゲットしていれば何時間も待つ必要なく快適に楽しめるようです!日本の情緒あふれる夏祭りの花火とはまた異なり、ひたすら大型の花火がやむことなく大量に打ち上げられるそうで迫力満点だそう! チケットはかなりの枚数売られるので早めに予約すれば確実にゲットできるようです。  

図書館にこもりひたすらエッセイ、課題

とっている授業によっては、2学期の初めにエッセイの提出期限がかたまることもあるようで、図書館で格闘している人もいました。 また、毎週大量にリーディングが課される科目では、1学期中に溜まってしまった分のリーディングを消化するチャンスでもあります。2学期こそ勉強に本腰を入れたい!と考えている人はこんな過ごし方もいいかも。 私の大学の図書館の場合、休暇中は開館時間が少し短くなりますが、クリスマスなど祝日を除き土日も開いていたようで、旅行や遊びの合間の暇な時間は図書館にこもる、なんて子も結構いました。 ちなみに私は休み中すっかり勉強のことが頭から抜けてしまい、学期始まってかなりギリギリで2500語のエッセイを仕上げ大変な思いをしました。休み中も勉強は計画的に!(笑)  

寮にとどまったメンバーでワイワイ!

クリスマスが近くなると寮のメンバーがみんな帰省してしまい、結構寂しかったり暇を持て余したりします。 そのため残ったメンバー(主にアジア人)で集まることも多いです。 私も、1学期のみの交換留学で帰国してしまう子のお別れパーティーや、アジア人同士での宅飲みを楽しみました。友達はイギリスにある食材でおせち作りに挑戦したり、クリスマスマーケットにスケートをしに行ったりしていました。 寒くて薄暗いイギリスの冬では憂鬱な気分になる人も多いそう。時々友達と集まってほっこりすることは大切です!  

日本に一時帰国

少数派ですが、年末年始日本に帰る子も何人かいました。 ホームシックだったり、家族が心配していたり、単にリフレッシュのためにも一時帰国という選択もあります。 4年生の友達はこの期間に日本でOB訪問をして就活に備えていました。久しぶりに日本食を堪能して「太って帰ってきた」なんて言っている子もいて本当にうらやましかったです。 ただその友達いわく、「一度帰るとイギリスに戻りたくなくなってしまった」とのこと。 こちらでの生活に慣れると気になっていなかったことでも、日本の食事の美味しさや暮らしの清潔さ、便利さを、身を持って思い出してしまうと少しつらくなるんだとか。 その子は今まで寂しさを感じていなかったのに、日本から帰ってきてしばらくホームシック状態だったそうです。一時帰国は自分の気持ちや目的をよく考えたうえで決めましょう!   いかがでしたか。書いていて、本当に楽しい冬休みだった!と思い出に浸ってしまいました(笑)。 休暇の過ごし方は人それぞれ。 ただ自分にあった過ごし方をできれば何をしても楽しいことは間違い無し!なのでこれから留学する方は楽しみにしていてくださいね。 私もさっそく次のイースター休暇はどうしようかと考え始めています!

イギリス留学 関連記事

留学経験者にもおすすめ!?【イギリス語学留学】 イギリス語学留学 ホームステイは短期留学の定番!イギリスでホームステイしてみた イギリスでホームステイ
イギリスに短期留学に行ってみたい!気になる留学費用は…? イギリス短期留学費用 イギリス留学におすすめの留学エージェント イギリス語学留学
留学エージェントにパンフレット取り寄せ
留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断