【オーストラリアオーペア留学】住み込みで子供のお世話する留学!?

こんにちは。留学voice特派員のなおです!

オーペア(オペア)というものを知っていますか?外国の家庭に住み込みでこどものお世話をしながらその家族の一員として暮らす留学制度の1つです。

今回は、オーストラリアでのオーペア留学をご紹介したいと思います。

オーペアとは?

オーペア

“対等の立場で”を意味するフランス語au pairが語源となっており、海外へ住み込みベビーシッターのような形で留学することを指します。また、オーペア制度を利用して留学している人自体もオーペアと呼ぶことがあります。日本では認知度がかなり低いですが、国としてオーペアプログラムが存在していたり、オーペア専用のビザがある国があるほど人気の留学制度です。日本では、オーペアはもちろんベビーシッターというのもあまり馴染みが深いものではないかもしれません。しかし、海外では父子家庭、母子家庭の割合が多いことも理由の一つなのかベビーシッターが日本以上に身近に感じられます。

今回紹介するオーストラリアでもオーペアは人気です。アメリカのような政府が行うオーペアのプログラムはなく、ドイツ、フランス、デンマーク、オーストリアなどのようにオーペア専用ビザがあるわけではないですが、ワーホリビザのハードルが比較的低く、ワーホリビザ、または学生ビザ、就労ビザを利用してオーストラリアの家庭でオーペアとして働くことができます。

オーペア留学のメリット

オーペア留学では、留学のクオリティー面、費用面で大きなメリットがあると思います。通常の語学留学では語学学校に日本人が多くて日本語を話してしまいあまり良い留学をできなかったという人がいます。しかし、オーペア留学では、住み込みということで常に英語に囲まれた環境に置かれます。現地人であるホストとの会話では語学学校では習わないような現地の表現も学べるかもしれません。また、現地の家庭料理を食べることができたり、現地の文化を身近に感じることができます。

そして、費用が抑えられ大きなメリットです。ホストによって条件は変わってきますが、住み込みのため住居費、食費がゼロ円のことも多く、給料も支払われることも珍しくありません。子供が学校へ行く場合は、日中は自由時間にしてもらえ語学学校へ通ったり、バイトすることも可能です。このように費用を抑えながらクオリティーの高い留学が出来るのがオーペアのメリットです!

オーストラリアオーペア留学の特徴

前述したように、オーストラリアにはアメリカのようなプログラムも、フランスなどが発行するオーペア専用ビザもありません。そんなオーストラリアですが、ワーホリビザが条件さえ満たせばだれでも取れるのが特徴です。イギリスでは、ワーホリビザと同じ役割を果たすYMSビザがありますが、人数制限がわずか1000人となっており完全抽選方式で選ばれます。その倍率はなんと10倍以上と言われています。オーストラリアでは、ワーホリビザを利用しオーペアを行う形になるのですが、ワーホリビザなのでオペア行わなければいけないということではありません。もしオーペアが自分に向いていないと思えば他の職業に挑戦することができます。また、オーペアとして最初の6か月は英語を学びながらお金を貯め、仕事を探し、後半6か月間は現地で見つけた別の職業をするというのも面白いかもしれません。

オーストラリア留学で人気の都市

ブリスベン

ブリスベン

クイーンズランド州に位置するオーストラリア第三の都市!

ワーホリを利用する方の多くがブリスベンを選び、お仕事は他の都市と比べ見つけやすいと思います。都市の大きさも大きすぎず、小さくなくとても良い街だと思います。

サンシャインステート(太陽の州)と呼ばれており、年間を通して晴れの日が多く気持ちの良い留学生活が送れると思います。

シドニー

シドニー

言わずと知れた、オーストラリア第一の都市であり、南半球を代表する都市です。

大都市で人口も多いため、仕事も十分見つけやすいと思います。

メルボルン

メルボルン

オーストラリア第二位の都市。英誌エコノミストによる世界で最も住みやすい都市ランキングでは1位に選ばれたこともあります。歴史を感じさせてくれる趣ある建物と近代的な建物が混合した素敵な街です。

クイーンズランド大学やクイーンズランド工科大学などの名門大学があることで広く知られています。

こども好きにぴったりなオーペアの仕事内容

実際に求人として挙げられていたお仕事の例をいくつか紹介します。

日本オーストラリアハーフ家庭(シドニー)

子ども:8歳の女の子と6歳の女の子

給料:月$450-500

条件:禁煙者のみ。女性のみ。

【お仕事詳細】

月曜日〜金曜日

7:00-8:00

14:45~19:30

日中は、自由時間。アルバイトや学校に行っていただいて構いません。

土曜日は朝のみ(8:00頃まで)のお仕事となります

日曜日はフリーです!

待遇は、快適な個室のお部屋と、食事付き、wifiも使えます。

オーストラリア在住、ドイツ人とイギリス人の家庭(クイーンズランド)

子ども:1歳

家庭内言語:英語

勤務時間:朝のみ

期間:3~24か月

【お仕事詳細】

両親がどちらも朝早くから仕事のため、子どもを朝保育園へ連れて行ったらお仕事終了。

その他は自由時間となり、語学学校でもアルバイトでも可能です。

ビーチから徒歩5分の家なので、海水浴を楽しむことも可能です!

オーペアを募集している家族を見つける

日本のオーペア留学エージェントでは、日本人オーペアに合った条件のホストファミリーが紹介されてます。日本で有名なオーペア留学エージェントをいくつか紹介します。

【World Au Pair in Japan】

【オペアジャパニーズコネクション(AJC)】

留学エージェントが紹介しているもの以外にも、以下のサイトから自分で探すことが可能です!

【AuPair World】

【Great AuPair】

【Find AuPair】

まとめ

オーペア留学は、より現地の文化、生活を楽しめると思います!

また、オーストラリアは綺麗なビーチなど自然豊かで非常におすすめの国です!!

等サイトでは、複数留学エージェント会社からオペア留学に関する資料を一括無料請求することもできるので是非活用してみてください!

オーペア留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

なお

なお

イギリスのリーズ大学に1年間交換留学していました!
大学卒業後、今年9月から修士課程のためイギリスに戻ります!!!
よろしくお願いします♪

関連記事

ページ上部へ戻る