ドイツのガーデニングって?

ドイツでも日本同様にガーデニングを楽しんでいる方がたくさんいます。

ドイツは市民農園発祥の地でもあるため、市民農園でのガーデニングが盛んに行われています。子供から大人まで週末などの空き時間にガーデンでゆっくりする姿もよく見かけます。

ドイツでのガーデニング

ドイツの市民農園とは?

ドイツの市民農園はドイツ各地に協会を設けており、その協会のメンバーとなった方に貸し出しを行っています。協会によって貸し出しの条件が異なるので、その点にも気をつけてメンバーになる必要があります。

協会のメンバーになるには友達からの紹介やネットからの情報が主です。市民農園は身近なところにたくさんあるため、近所の協会の連絡先に自ら連絡することも可能です。

費用は立地や面積によって異なりますし、協会ごとにも異なります。また協会からでなくガーデンを売りたいと思っている方から直接購入することも可能ですが、その場合においても協会のメンバーになる必要があります。

ドイツと日本の市民農園の違いとは?

日本では市民農園の中に自ら建物を建ててはいけないのですが、ドイツではそれが可能です。

自分で小さい家や農具を閉まっておける小屋を作ることができます。家の中にキッチンを作り料理をすることもできますし、ベッドなどを置いてゆっくりと寛ぐ場を作ることもできます。

留学エージェントに資料請求