イギリス留学中に、大英博物館で開催されて日本のマンガ展に行ってみた

イギリス留学中に大英博物館見学

はじめに

こんにちは!みなさん、Dスケです。イギリスは、今日も晴れでした。ただ、少しずつ暖かくなっているもののまだコートを着ている人もいるくらいの寒さです。僕もヒートテックとシャツを着ています。

ただ、思ったよりは雨が降らない日が続いてるので、色々出かけられるのでラッキーです。

そして今回は「大英博物館のマンガ展」に行ってきたので、そのことについてお話をしたいと思います。

イギリス大英博物館のまんが展

マンガ展は20ポンドの価値はある!?

5月23日から大英博物館で実施されている「マンガ展」は、日本のメディアも取り上げていたようです。8月26日まで続くみたいです。この展示会を見て、改めて思いました。日本に生まれて、マンガと出会えてよかったなと。大英博物館に入る入場料は無料ですが、この展示に入るには20ポンドのチケットを買う必要があります。平日だからか特に、列に並ぶこともなくすぐに買うことができました。

イギリス大英博物館のマンガ展

平日でも大盛況!

僕は、マンガが大好きで小さい頃から読んでいました。母から勧められた古いマンガや、友達から勧められたマンガ、いろんな方から勧められたマングを読みました。時には漫画は、1つのコミュニケーションのツールにさえなっていたと思います。

イギリスの大英博物館

その中でも唯一自分で手に取った漫画は、「スラムダンク」でしたが、そのスラムダンクの作者の絵が展示の最後にあって見たときには、本当に鳥肌が立ちました。この展示は、漫画の歴史や作品の紹介の他に、作る過程の紹介などがたくさんありました。

メインはやはり手塚治虫と宮崎駿の作品の数々でした。この二人の巨匠なしに、マンガは確かに語ることができないなと思いますね。作品の紹介の他に写真をとるとそれがマンガになるという最新技術のコーナーやコスプレを体験できるものなどもあって、大盛況でした。

イギリスの大英博物館

おわりに

留学先で日本の文化が紹介されていて、そこに多くの人が興味や関心を持っていただけると自分のように本当に嬉しく思います。

このイギリスの地では、やはり日本人は少ないので、初めての日本人が僕がだったら、日本人ってこういう人種なんだと思われると思います。日本人として恥じることがないようにいようと、このマンガ展を見て思いました。

留学エージェントに資料請求