なぜ正社員を退職してまで留学を決断したのか?

はじめまして、エリナです!
私は、2019年10月から2020年7月までカナダに留学をしていました。最初の半年はバンクーバーで語学学校に通い、その後は学生ビザの有効期限が切れるまでは親戚のいるトロントに滞在をしていました。

なぜ正社員を退職してまで留学を決断したのか?

①なぜ私が正社員を退職してまで留学を決めたのか

私は大学4年時まで約15年間水泳競技を続けてきました。大学では国際文化についての勉強も含んでいるスポーツ学部に進み、卒業後は成田国際空港でグランドスタッフとして勤務をしました。

空港で働くことは、今まで水泳しかしてこなかった私にとって何もかもが新鮮に感じました。外国籍のお客さんと関わることも多くあり、人それぞれ色々な人生を歩んできたことについてお話を聞く機会もありました。

そんな日々を送る中で、私自身もっとたくさん色々な人生経験を積みたい・視野を広げたい・英語力を上げて高いレベルでコミュニケーションを取れるようになりたいと思ったのが留学を決断したきっかけです。

また、ワーキングホリデーには年齢制限があった為早いうちに行きたいと考えていました。

②周りの視線

家族と話し合いを重ねた結果、私の意見に賛成してくれました。とてもありがたいことです。

もちろん周りからの視線は甘いものではなく、“社会人一年目なのに?”“社会人なのにこれから留学?”“留学後はどうするの?”など色々と言われることがありました。

ですが私の決断は強く、水泳だけを15年間してきたことに後悔もありませんでしたし、社会人一年目で退職することにも抵抗はありませんでした。

周りの視線を気にするよりも、自分の気持ちや家族の意見に耳を向けることをオススメします!

③自分で何かを成し遂げたかった

留学を決断してからは、ワクワクの毎日でした。まずは、留学のプランを自分でいくつか候補をあげ、おおよその将来プランを3年先まで考えてからエージェント探しをしました。手続き等に失敗をしたくなかったのでエージェントのサポートを利用しましたが、エージェントを利用したことで自分に合った学校を選択でき、ワーホリの前に学生ビザで語学留学を決めることもできました。

自分の稼いだお金で留学費を払い、語学学校や宿泊手段など自らで決めたいと考えていたので、留学までの準備期間を9ヶ月取り、4つのバイトを掛け持ちして資金を集めました。

社会人留学

④カナダに決めた理由

理由はいくつかあります。

まず、銃規制が日本の様に厳しくあることです。私は安全面についてとても心配だったのでなるべく安全な国を選びました。

次に、カナダは移民大国であるのでアジア人の私が言っても差別が少ないのでは無いかと考えました。また移民が多い分、様々な英語を話す人がいると思い、その英語を聞くことでも勉強になると思ったからです。

最後に、カナダは自然が多いので関東に住んでいる私にとって自然の中で生活をしてみたいという好奇心です。実際、今のところはカナダを選んで満足しています!

ここまでが私が留学という道を選択したきっかけです!

留学エージェントに資料請求