イギリス留学中に感じた、日本とは違うトイレ事情

はじめに

みなさん、こんにちは!Dスケです。イギリスの朝の報道でも、安倍首相とトランプ大統領の会合の場面が放映されていました。日本という国を他国からみるのは、とても不思議な気持ちになります。まるで、親戚かのように親近感がぐっと湧きますね。そして、海外の人はそういう見方をしているだなと驚かされたり、笑ってしまったりします。

そして、留学前に少し心配していた「イギリスのトイレ事情」についてお話をしたいと思います。

イギリスのトイレでは盗難多発?

まず、イギリスのトイレは比較的綺麗と思っていいです。

有料のところもあると聞いていましたが、まだ僕は見たことはないです。基本的に無料で使えると考えていて大丈夫です。

ただ、公共のトイレでは結構盗難もあるみたいです。トイレに行くときに荷物を置いていて盗まれることも多々あります。結構トイレって油断してしまいますよね。そういうこともあって公園のトイレや駅のトイレはなるべく控えた方がいいと思います。

この前、隣の人がトイレに行くから僕に荷物を見張っといて?と言ってきましたが、僕が盗人だったらどうするつもりなんだろと思っちゃいますよね。笑 僕は、取られても諦められるものだけ置いていきます。そしてなるべく早く戻るように心がけます。笑 

本当は全ての荷物を持って行く方がいいんですが、なかなかできない時もあるのが実情です。

安心なトイレは?

そして、カフェやホテル、デパートのトイレです。

これらのトイレには日本と同じでとても綺麗で個室トイレであることが多いので荷物を丸ごと持って中に入れます。そして、カフェなどは人目も多いので盗難は少ないです。もちろん、貴重品は必ず持って行ってくださいね。

そしてこれも日本と同じなんですが、必ずハンドドライヤー(dysonが多いです。笑)が備え付けられています。外国でハンカチを持って手を拭いている人をまだ見たことがないです。

そして、いくつかのカフェでは番号式のロックがかかっていて、店員さんに番号を教えてもらう必要があります。「トイレ行きたいです」と言えば、番号くれるのでそれを入力すれば完璧です!

イギリス留学中のトイレ
写真はトイレの番号です。

イギリスのトイレで注意が必要なこと

個室トイレに入るときは、トイレットペーパーがあるかどうかを先に確認してから入るようにしましょう。日本みたいに予備のものが置いてあったりしないです。

そして、イギリスのトイレットペーパーは大きな容器の中に入っているので、中があるかどうかが見えづらいものがあります。しっかりと、あるかな?と確認してから入れば安心です。

僕が入ったホテルのトイレには、これはいいな~と思った日本にはないトイレットペーパーの設置の仕方があったのでご紹介しますね。

イギリスのトイレ

おわりに

イギリスのトイレ事情については、僕もこっちに来るまでは結構ドキドキしていました。笑 日本みたいに簡単に綺麗なトイレが見つからなかったら、あの異臭漂う空間に入らないといけないとなると本当に体調を崩しかねないからです。笑 

ですが、思ったよりカフェやホテル、そのほかの施設にしっかりと綺麗なトイレが備え付けられているのでご安心ください!他にも、こっちにきてしかわからなかったことなどを共有させていただきますので、ぜひチェックして見てくださいね!

留学エージェントに資料請求