語学留学10ヶ月のロンドン生活はどうだった?

語学留学10ヶ月のロンドン生活はどうだった?

はじめに

みなさん、こんにちは!Dスケです。今回は、10ヶ月のロンドン生活について振り返っていきたいと思います。多くの方がロンドンのでの生活費が10ヶ月でトータルいくらかかったか知りたい人も多いのではないでしょうか?

僕の場合は、2ヶ月ほどヨーロッパを旅行をしていたので純粋にロンドンだけの留学よりもはるかに費用はかかっていると思います。このサイトで、ロンドンでの生活術などをご紹介させていただいているので、是非そちらも合わせてチェックしてみて下さいね。

ロンドンの生活費は?

僕のロンドンでの生活費は、家賃が8万円、生活費をなんとか7万円ほどに抑えておきたいなと思っていましたが、実際ははるかに超えてしまい毎月20万円ほどかかっていました。マックス1月で30万円使ってしまった時もあります。家賃は7万円の狭い部屋に住んでいましたが、お金の管理は得意な方でもないため、ロンドン観光を毎日のようにしていたのも含めそれくらいまで膨れ上がった状態です。

最初の4ヶ月くらいまではずっとそんな感じが続きました。それに自炊を全くせずにほとんど外食で済ませていました。そこから、家賃そのままで引越しをして自炊をするようになり毎月家賃を入れても14万円くらいまで抑えることができました。

やはりロンドンで生き抜くためには自炊が必須だと思います。最低でも毎月20万円の費用は見ておいていいと思います。(節約できればラッキーくらいで!)

治安的な問題は?

治安的な問題はロンドン滞在10ヶ月で1回携帯を盗まれた程度です。

細かく言えばさらにカバンの中から財布を盗まれそうになった程度です。それ以外は暴力的な事件にも巻き込まれずに無事安全に生活を送ることができました。ロンドンは危険ではあるものの、しっかりと危機管理意識を持っていればそれなりに予防することができると思います。ロンドン生活中に気づいた予防策などは随時過去の記事に上げているのでご確認していただければと思います。

ただし、先日僕の友人がナショナルミュージアムの前で女性にすごい勢いで話しかけられ、意識を持っていかれているうちにカバンの中から財布を盗まれたそうです。すぐに気づいて財布を取り返したそうですが現金はすでに全部取られてしまっていたみたいです。

他にも公園でブランド物の服を着ていて追い剥ぎにあった友達もいたりするので、決して安全とは言えないロンドンですが、自分次第で対策できることを覚えておいていただければと思います。

人種差別はされたか?

ロンドンで差別発言、差別態度などを受けたことは1度もありませんでした。レストランにいて「なんでこんなところまで中国人がいるんだ?」と店員に文句を言っている人とは出会いましたが、直接「出て行け」とは言われてもいないのでグレーゾーンです。

ただし、他のアジア人は差別を受けている人もいます。本当に運というかタイミング次第で差別は起こりうると考えてもいいと思います。ただ、ロンドンに来たら絶対に差別されるから怖い。と考えているのであれば、意外と平和だということも言えます。

というのもロンドンは、すでに世界的なコスモポリタンになっているのでアジア人という括りで言えば、もう他の人種と同じくらいのアジア人が生活していたり、旅行に来ています。この状況で差別をするなんて本当にナンセンスですよね。ただ、稀に差別をされたという人もいることは間違いないみたいです。

テロはどうだったか?

僕が滞在した中でテロがあったのは1度きりです。

それもテロとは断定できていないものでありますが実際に人は亡くなってしまっているので、テロの危険は0ではないと言えます。こちらもテロ対策について過去の記事に書いてあるのでチェックしていただければと思いますが、ロンドンではテロが起きる可能性が高いということでロンドン留学を見送るのは少し決断が早すぎると思います。

ロンドンでは、かなりのテロ警戒措置がなされているので、そう何度も何度もテロが起きるわけではありません。

また、警察も随時パトロールしているので万が一遭遇してもすぐに対応できるだけの準備はあると言えると思います。

イギリス人の性質は?

イギリス人は日本人と同じようにとても礼儀正しく、イメージ通りのジェントルマンな国だと個人的には思っています。もちろん人それぞれであるのは間違いありませんが、とても優しく接してくれた印象が僕は強いです。

そして最も印象的なのが、日本が大好きなイギリス人が本当に多いことです。こちらの記事にも上げましたが、イギリスでは何度も日本フェスティバルと言って日本の伝統文化やアニメ、食などが紹介されいつも多くの人が参加しています。その中、さらに日本語の勉強をしている人も多くいて、僕は彼らと友達になることさえできました。

日本人はとても礼儀正しいという固定概念を多くの人がまだ持っているので、とてもリスペクトして接してくれたりしました。ただし、侍のモノマネをされたり、いきなり知らないアニメの名前を言われたり、色々絡まれる機会も多いのも確かです。

是非、イギリスに留学した際は語学学校の友達だけではなくイギリス人との交流も楽しん見てくださいね!

食事はどうだった?

イギリスは食事がまずいので、食通の日本人はロンドンに留学すると苦労するとよく言われていますが、正直全く問題ないです。何をもってロンドンの食事が美味しくないと言われているのかが不思議です。いっぱい美味しい料理のお店があります。

もちろん日本食も同じで、美味しいお寿司屋さんもたくさんあります。もしロンドンの食事がまずいという友達がいれば、おそらく美味しい店に出会えていないだけだと思います。

イギリスには、世界各国から集まった多国籍の料理を堪能できますよ!少々高いけどね。笑

おわりに

ロンドン生活は本当に楽しかったです。正直ロンドン観光に対してはあまり期待していませんでしたが、美術館や博物館が無料である上に美しい公園がたくさんあってとてもリラックスできた10ヶ月でした。

一番懸念していた治安も思ったよりも本当に安全で、最初は本当に暗くなる前に家に帰っていましたが慣れて来て最後は夜中に帰ってしまうこともしばしばありました。現在多くの方がロンドン留学を検討されているかと思いますが、社会人でも楽しめるのがロンドン留学です。

留学エージェントに資料請求