【経験談】 私が苦労した留学帰国後のこと。

【経験談】 私が苦労した留学帰国後のこと。

私が留学先のオーストラリアから帰国したのは高校2年生の12月。
通常なら、高校3年生の大学受験に向けて準備をする時期です。
帰国した次の日から学校へ行き、留学終了の報告をし、訳もわからないまま期末試験を受けました。
その後、留学していた1年分の勉強の遅れがあり、授業についていくのに非常に苦労しました。また、他のクラスに仲の良い友達はいたものの、途中から新しいクラスに入ったので、馴染めず自分のクラスでは孤立していました。
授業についていけないことを、各教科の先生の職員室を周り相談し、補足のプリントや、単位をもらうための課題を特別にもらったりもしていました。

高校3年生になると、空気は一気に大学受験モード。
私は、留学前と留学中は、留学に集中したかったので、志望校などは決めていませんでした。
そのため、すでに準備してきている周りの学生と比べ遅れをとってしまっていました。
指定校推薦は、留学して1年抜けてしまったので取れない状態。残りの選択肢はAO推薦か公募推薦、一般受験しか残されていませんでした。
ひとまず、評定平均が4以上あれば、比較的どの大学でも、推薦入試に応募できる条件はクリアできるので、評定平均を4以上に保つように努めました。
また同時に、推薦入試で、持っていると有利な、TOEICや英検を受け、英検2級を取得しました。
勉強でいっぱいいっぱいだったので、志望校は、パンフレットを取り寄せて雰囲気と学科を調べ、その中から2、3校に絞り込み、絞り込んだ学校のオープンキャンパスに行きました。
最終的に私が受験を決めた、学習院女子大学は、公募推薦で評定平均4以上の専願が応募条件であったため、一発勝負でした。
落ちたら、1年抜けてしまった分のブランクが大きく影響する一般入試。正直かなりの遅れがあったため、一般入試での大学受験は非常に厳しい状態でした。
評定平均が無事に決まった7月以降の夏休みは、受験に向け大学について徹底的に調べ上げ、
志望理由書を完成させ、塾に通い小論文と面接の特訓をしました。
夏休みが終わると、一般受験にも備え、自分のペースで、オンラインで授業を受けられる塾(河合塾マナビス)にも通い、一般入試の勉強も同時にしました。

その後、無事に第一志望校に合格したので、一般受験はしませんでしたが、帰国後から受験後までは、怒涛の苦労の日々でした。

そんな怒涛の日々を送った私から、留学後苦労しないアドバイスをいくつか!

【アドバイス】
・留学前に、自分の進路を予めなんとなくでも考えておく。
・(大学受験の場合)留学中に、留学経験者に有利な大学・受験方法を徹底的に調べる。
・遅れをとった分は多少諦めて、友達や先生に助けを求める。
・余裕があれば、留学中も、英検やTOEICの勉強はしておいて損はなし!
・留学先の学校の課題や勉強は怠らずに、まずはそこでの日々の学びや経験を大切に。
(→必ず経験談として役に立ちます。)
・息抜きとメリハリが大事!自分のノルマや目標が一区切り達成されたら、派手に遊びに行く日を作りましょう!
・悩み行き詰まったら、親・友達・先生に相談する。
・人は人。自分は自分。周りのことは気にせず、プレッシャーに負けないように!

留学は迷ったり、勇気がいるかもしれんが、100%あなたの経験、財産、実力になります。
時には人と違った道を歩むことも、きっとあなたの人生に大きな変化と輝きをもたらせてくれるはずです!

留学エージェントに資料請求