休学留学してみる?メリット、デメリットをチェック

休学留学してみる?メリット、デメリットをチェック

こんにちは。短期の交換留学と長期の休学留学を経験した、たぬとらみです。

この記事の交換留学とは、日本の大学と海外の大学が協定を結んでいて、日本の大学の学費分で留学できるものです。

休学留学は、日本の大学を休学して海外の大学に自分で応募(またはエージェントに依頼し)留学する方法です。

今回は休学留学のメリットとデメリットを紹介します。

休学留学のメリット

1、交換留学よりも幅広い選択肢

交換留学は行ける大学や学部が限られていました。また要件も厳しく、TOEFL や面接が必要になります。

私は、短期の時は海外生活を楽しむのが目的だったので交換留学を選択しました。一方で、長期留学は学びたい学問があったので交換留学ではなく休学留学にしました。

交換留学に学びたい大学、学問があるのがベストですが、ない場合は休学留学も検討してみてもいいかもしれません。

2、インターンシップやボランティアと組み合わせられる

これは大学によりますが、私の大学では交換留学は規定が厳しく、留学後のボランティアやインターンシップが認められていませんでした。

休学留学は自分でカスタマイズできる点が多いです。

留学で学問だけでなくボランティアやインターンシップなども経験したい人は休学留学がオススメです。

みなさん、自分の大学の交換留学制度についてしっかり調べてください!!

3、同じ大学から行く人が少ない

交換留学では、日本の同じ大学からの学生が多いです。

他の記事でも書きましたが、慣れない留学先では日本人と一緒にいてしまいがちです。それが留学前からの知り合いの同じ大学の学生ではより一層安心してしまうでしょう。

時には頼るのもいいですが、せっかく異国の地に留学に来たなら日本人以外の友人を作るのもいいと思います。

交換留学で来ていた友人は「本当は他の友人を作って話したいけど、日本の大学の友達と一緒に授業を受けているから、難しい。」と話していました。

4、大学時代を長く過ごせる

これは休学留学の最大のメリットだと思います。交換留学に行くと日本の大学での学びは3年間になってしまいます。私は休学留学したことで日本の大学では4年間学びたいことを学ぶことができ、調査が必要な卒業論文も執筆しました。

「日本の大学で大して学びたいこともないよ〜」と思ったそこのあなた!海外留学(特に英語圏)に行った後は勉強意欲が10倍になりますよ!!!

留学後も日本の大学に在籍できるのは大きなメリットだと思います。

また、勉強面だけでなく、サークルやアルバイト、趣味など自分の好きなことに費やせる期間が5年間もあった私はとても幸せ者だと思いました。

休学留学のデメリット

1、卒業が遅れる

休学留学は1年、休学しているため卒業が半年〜1年遅れてしまいます。また、日本の大学の同期と一緒に卒業できません。

これは私にとって休学留学最大のデメリットでした。結果としては、休学留学に行って後悔していないのですが、行く前は心配でした。

1年卒業が遅れてしまうことに関しては留年と違い、就職活動では不利になったことはありませんでした。また、交換留学と休学留学の差もありませんでした。就職活動では留学の制度よりも経験したことそこから考え、学んだことの方が聞かれます。

同期と卒業がずれてしまうのはとても悲しかったです。でも人よりも同期が2世代いると思えば楽しくないですか?!

2、費用が高い

交換留学が日本の大学の学費のみでいいのに比べて、休学留学は費用が高額になる傾向があります。奨学金などの利用も考えましょう。

私は交換留学では奨学金を取れなかったのですが、休学留学の奨学金は取ることができました。

また、休学留学で時期がズレていたためアルバイトを日本ですることができたので、親への負担は交換留学と大差なかったと思います。

3、準備の手間が多い

交換留学は大学のプログラムであるため、大学が準備してくれる部分が多いです。例えば、現地との大学とのやり取りや保険などです。

しかし、休学留学はほとんどの場合、自分でしなければいけません。それだと心配だなと不安に思う方は留学エージェントに頼ってみてください!!

私は留学エージェントに依頼しましたが、留学生活を送るのに事前準備も自分でできないと苦労するので、自分でやってみても良かったかなと思いました。

以上、私の経験を交えながら休学留学のメリット、デメリットを紹介してきました!
みなさんの留学に求めるものの優先順位を決めてぜひ選んでみてください。
この記事が少しでもお役に立つと嬉しいです!!

留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断