イギリスのワーキングプレイスの実情

イギリスの職場

はじめに

みなさん、Dスケです。社会人3年目ということもあって、イギリスで働くということももちろん視野に入れています。職を探すにあたって「働き方」はとても重要ですよね。

イギリスで働くって実際どうなんだろう?

ということで実際のワーキングプレイスと実際に働いている人にお話を聞いて来たので、ご紹介したいと思います。

実際の働く場所はどんなところ?

イギリスの働く場所は本当にカフェ見たいなところです。日本のいかにもなオフィスは少ないかもしれないですね。

働きやすい環境が用意されていて、本当に仕事さえしっかりできていればあとは自由にやってください的な雰囲気です。もちろん、個室のオフィスみたいなものがあるので、そこで集中したり内部資料などはそこに保管されていると思うのですが、実際にオフィスを見させてもらうと紙の資料が全くない。笑 

ほとんどデータ化されていてるんだと思います。なので本当にスッキリしていて綺麗なオフィスです。

イギリスの職場

どういう働き方をしているの?

現地の旅行会社で働いている友人に話を聞きましたが、本当にリラックスして働けているということです。オフィスも綺麗だし、人も楽しいしとても満足しているとのこと。

ただし、労働時間が時々残業があるので嫌だと言っていました。笑 イギリスでは9時から17時半というのが定時みたいで、残業する人は本当にまれみたいです。相当仕事に追い込まれていない限りは残業もしないみたいです。日本では信じられない。笑 

日本の話をすると、日本人はなんでそんなに働くことが好きなのか?と聞かれ、みんな好きで働いているのかな・・・?と考えさせられました。ここイギリスでは、自分の時間のコントロールがきっちりされていて、会社も仕事さえ終わっていればそれを認めているという感じです。

もちろん仕事さえ終わって入れば何時に帰ってもOKと言っていました。日本以外で働くという選択肢を持つことはとても重要かもしれないですね。

留学エージェントに資料請求