留学中の体調管理で注意すべきこと

留学中の体調管理

はじめに

みなさん!こんにちは!Dスケです。日本にいるときは、風邪を引けばすぐに病院に行けばいいもののイギリスではそう簡単に病院に行けないです。

理由は医療費がとても高いこと。そして、保険に入っていたとしても保険の手続きをしないと行けないという煩わしさがありますよね。

僕も昨日は、少し体が重たいなと思っていると徐々に全てに対してやる気が起きない状態になってしまいました。僕は体がめちゃくちゃ強い方で、風邪とかもあまりひかないのですが、留学中にしている風邪予防についてお話させていただきます。

料理ができなければ「プチトマト」

風邪を予防するためには、免疫を高めておく必要があるのでとにかく食に偏りがないように栄養のバランスをきっちりと取りましょう。

僕も、料理を全くしたことがないままイギリスに来たのでこっちでとにかく「プチトマト」を毎日食べるようにしています。トマトは本当に栄養価が高いで有名ですよね。そしてさっと洗って果物感覚で食べられるので、料理ができない僕には最高の野菜です。なるべく野菜の神様のパプリカ、ブロッコリーも摂取するようにしています。

留学中の体調管理

日本の風邪薬を持って来ておく

外国でもらった風邪は外国の薬の方がいいという方がいるのですが、個人的には僕の体に合うのかな?というのが正直のところで、なるべく薬に頼りたくない僕にとっては馴染みの日本の薬を持って来ています。

風邪薬は、本格的に熱や症状が出る前に飲みましょう。ちょっと体調が悪いかもと思ったらそれは、風邪をひく前に自分の体が出しているサイン!早めに抑え込む絶好のチャンスです。たくさん栄養をとって風邪薬を飲んで寝てしまいましょう。無理は厳禁です。

ただ、万が一本格的な熱が出たり異変を感じたりしたら病院に行って見てもらうのが一番です。自分の体以上に大切なものはないことを心がけて起きましょう!

留学エージェントに資料請求