なぜドイツ!?私がドイツ留学を決めた理由。

ドイツ おひさしぶりです。留学ボイス特派員のおはなです。 留学は意外と時間があっという間で、ドイツにきてから3か月経ちました。 さて今回は私が留学場所に英語圏ではない「ドイツ」という国を選んだ理由についてお話ししたいと思います。

理由①:ドイツという国に興味があったから

私は元々ピアノを幼少期から習っていました。 ドイツ語圏の出身の有名な作曲家が多く興味があったので大学一年生に第二外国語としてドイツ語を選択していました。 そのドイツ語の授業で見たドイツ紹介の動画がとても印象的でした。 ドイツ人の生活風景や行事についてまとめてある動画でした。なかでもクリスマスマーケットがとても素敵でした。 クリスマスマーケットに限らずクリスマスのドイツのイベントがとても見たことなく魅力的でした。そこから私もドイツに行きたい!と思い、ドイツという国に憧れを感じ始めました。 そして、ドイツは日本ともゆかりがある国です。歴史の中で日本とドイツはきってもきれない縁を感じます。そのような歴史背景も現地で学びたいと感じました。 ドイツ

理由②:英語と、もう一つ英語以外の外国語を話せるようになりたかったから

今、グローバル化や訪日外国人がどんどん増えています。そのため英語を話せることは当たり前な時代になってきました。 私の周りにもイギリス、アメリカやカナダ、オーストラリアに行っている友達がいます。でも私は英語だけじゃなくてもう少し他の言語も挑戦したいという気持ちがありました。 そのため考え付いたのが「ドイツに行けば、英語とドイツ語両方しゃべることができるようになれる!!」という考えです。 ドイツではほとんどの方が英語も流暢に話すことができます。 また留学生や外国人の方も多いです。街に出ると、英語、ドイツ語、チェコ語、中国語…いろんな言語が聞こえてきます。実際に英語もドイツ語も喋れるようになるぞ!と思ってもそんな簡単に習得できるものではありません。 今でもまだ苦戦しています。ですが、少しでも話せるようになって海外の方とコミュニケーションとれるようになりたい!と感じました。

理由③:ヨーロッパの他の国へのアクセスが良いから

ドイツはEUに所属しており、ヨーロッパのほぼ真ん中に位置しています。そのため他のヨーロッパの国への旅行がしやすいというメリットがあります。 ドイツ最大規模の国際空港であるフランクフルト空港は大きいですし、世界的に重要な国際線の一つとして扱われています。 また、飛行機だけではなくバスや電車でフランスやオーストリアへ行くことも可能です。EU圏であれば通貨を変えることなく旅行することができます。 大学生の間に色々な国に行くことは私の夢でした。大学の休み期間を利用して他の国に旅行に簡単に行くことができる良い場所であると考えました。 ドイツ

まとめ

いかがでしたか? 私のドイツを留学先に決めた理由でした。出発前に多くの友人に「どうしてドイツに留学を決めたの?」と聞かれました。 私の答えはとにかく「ドイツという国に魅力を感じたから」です。英語圏ではないので大変なこともたくさんありますが憧れの国に留学できておりとても充実していると感じています。 もし留学先を悩んでいる方いれば、留学先を英語圏だけに絞らず他の国にもぜひ目をむけて欲しいと思います。もしかしたらその選択の方が充実した留学生活をもたらすかもしれません。 それでは!Auf Wiedersehen!

ドイツ留学 関連記事

> ドイツ留学のおすすめ留学エージェント
留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断