ドイツのクリスマスには欠かせないシュトレン

ドイツのクリスマスには欠かせないシュトレン

ドイツのクリスマスの定番であるシュトレン(Stollen)はクリスマスシーズンになるとクリスマスマーケットやパン屋さん、スーパーなどどこでも売っています。

近年日本のパン屋さんや百貨店、スーパーでも目にする機会が多いと思います。

ドイツで最も有名なシュトレンはドレスデンのもので、ドレスデンはシュトレン発祥の地とも言われています。

シュトレンは粉砂糖でコーティングされているため白く、小麦粉生地を発酵させたものにレーズンなどのドライフルーツやナッツ、オレンジピール、レモンピールを混ぜ、焼かれてます。

ドイツの伝統的な食べ方は約4週間、クリスマスの準備期間から食べ始め、クリスマスの日に食べ終わるよう薄く切って少しずつ食べるのが一般的です。

約1ヶ月間と長い期間食べられるように、乾燥しないようにシュトレンの真ん中から切って食べ始めます。

保存する時は左右の断面をしっかりと合わせて乾燥を防ぎます。保存は常温保存で大丈夫です。

少しずつ食べることで熟成し、味が変化することも楽しみの1つです。ぜひシュトレンをドイツの食べ方で食べてみてください。

留学エージェントに資料請求