ドイツの三大カーニバル!ケルンのカーニバルに行ってみた

ドイツの三大カーニバル!ケルンのカーニバルに行ってみた

ケルンのカーニバルはドイツの三大カーニバルであるデュッセルドルフ、マインツ、ケルンの中の1つです。

伝統的なカーニバルの始まりは11月11日11時11分で、この時期からカーニバルの終わりの2月頃まで様々な場所で小さいカーニバルから大きいカーニバルまで多様に行われます。

この時期のカーニバルは毎年2月頃の木曜日から始まり、翌週の水曜日に終わります。カーニバル初日の木曜日はWeiberfastnachtと呼ばれていて、翌週の月曜日をRosenmontag、火曜日をFaschingsdienstag、水曜日をAschermittwochと呼んでいます。

カーニバルのメインイベントは月曜日のRosenmontagで、この日は朝の10時頃からパレードが始まります。

カーニバルではカーニバル特有の衣装を身にまとっていて、軍服や護衛部隊の服などグループによって異なります。カーニバルに参加する人のみならず、観覧しているお客さんも仮装をしている人がとても多いです。

カーニバルのシーズンになるとスーパーなどのお店ではカーニバルで着るための仮装衣装を売り始めます。大人から子供まで消防士や警察官などの衣装に仮装しています。

そしてカーニバルではトラックなどに乗った人たちからチョコレートや飴、グミなどのお菓子が投げられます。子供たちはこの投げられるお菓子を楽しみに参加しているそうです。

カーニバルでは掛け声があり、ケルンではアラーフ(Alaaf)と言います。地域によって掛け声も異なり、大勢の人が掛け声を言い、投げられてくるお菓子を必死で拾っています。

お菓子以外にも花束や子供向け雑誌、缶のお酒等も投げられるため、楽しみが豊富です。カーニバルは毎年行われます。ぜひドイツのカーニバルに参加してみてください。

留学エージェントに資料請求