語学留学でビジネス英語を学ぶ

ビジネス英語

グローバル化が進み、英語でコミュニケーションする機会が増えている現代。それまでに英語を勉強してはいても、ビジネスの場で使うとなるとなかなかスムーズに使いこなせない、という人も多いのではないでしょうか。海外の人とも自信をもって関わるための「ビジネス英語」。日常会話との違いや留学についてまとめました!

ビジネス英語と日常英語、何が違う?

ビジネス英語疑問

就職活動や仕事の場でよく聞く「ビジネス英語」。学校の授業で勉強した日常英語とどこが違うのでしょうか。

簡潔に言えば、日常英語が「意思疎通や仲良くなること」を重視したものであるのに対し、ビジネス英語は「仕事を円滑に進めるためのコミュニケーション能力」だと言えます。日本語に置き換えても分かるように、日常と仕事の場では求められる能力が異なりますよね。普段の生活で、お店で注文をしたり友達と軽く会話を楽しんだりするには、基本的な語彙や文法を用いて自分の意志が大まかに伝わりさえすれば問題はありません。一方ビジネスでは、マナーや専門的な語彙に加え、細かくて重要な情報を誤解なく伝える能力や交渉力、といった語学にとどまらない総合的なスキルが求められます。

日本語でさえ難しいビジネスの場での振る舞い、英語でこなさなければならないとなるとなかなか大変そうですよね。総合力、という意味でのビジネス英語をマスターしたい方には本場の環境で学べる留学がおすすめ。英語を適切に使いこなし、外国人からも信頼されるビジネスパーソンになりましょう!

ビジネス英語コースでは、どんなことを学べるの?

様々な国の語学学校が開設しているビジネス英語コースでは、単に語学力だけではなく、英語に限らず様々な仕事に応用できるコミュニケーション能力を身に付けられます。マナーや情報の伝え方は、欧米と日本では常識が異なることも。これらの知識やスキルは、独学で教科書を用いた学習ではなかなか身に付けられないのが現状。外国人やネイティブ講師と実践演習を積むことが習得のカギなのです。ビジネス英語コースでは挨拶の仕方やメールの書き方など初歩的な基本動作から、効果的なプレゼンテーションの仕方や交渉に至るまで、細かくシーン別に分けられているので、学んだ語彙や知識をそのまま実際の仕事で使えるのが便利。すでに基本的な文法をマスターしている方でも、ビジネスパーソンとして大きく成長できるコースなのです。

ビジネス英語コースは社会人向け?学生でも大丈夫?

ビジネス英語、というと社会人のイメージが強いですが、学生向けのコースも豊富にあります。学生のうちにビジネス英語を学ぶメリットはまず、多くの時間を費やせること。休暇や大学の留学・休学制度を利用して長い期間を海外で過ごせることは、学生の特権といえます。英語環境にどっぷり浸ることで着実にスキルアップできるでしょう。また、学生向けのコースにはインターンシップ実習やボランティア体験などがついているものもあります。学生のうちにグローバルな環境で働く体験をしていれば、仕事を始めてからも周りから一歩リードできるかも。また、こうした海外での経験や英語のスキルは就職活動でも強みになります。外資系企業などの英語面接にも自信をもって挑めるようになるでしょう。

ビジネス英語は短期でも学べる?

時間がない社会人の方でも、短期留学でビジネス英語を習得することができます。最短1週間から、みっちりとビジネス英語漬けの生活を体験できます。こうした短期集中型の留学クラスは、仕事の休暇を利用したり、転職活動中にキャリアアップのために来ている生徒が多いため、学生ノリがなく落ち着いて勉強できる環境です。働きながらも自らを高めたい、という意識が高い人々と出会い、切磋琢磨しながら人脈を広げられることも魅力。

どんな仕事に役立つ?

ビジネス英語プレゼンテーション

ビジネス英語、と一言でいっても、職種や業種、英語の使用頻度などによって力を入れたい分野は様々。業種やスキル別にコースを設けている語学学校も数多くあります。

例えば業種・職種別コースでは、金融系やエンジニア、マーケティング、などの分野に分かれており、各分野特有の語彙やコミュニケーション作法を身に付けることができます。

また、プロジェクトマネジメントコースなどでは、マネジャークラス以上の社会人を対象にグローバルなチームをまとめるリーダーとなるために必要なスキルに特化しています。

より基礎的なコースでは英語での挨拶やプレゼンテーションを体験できます。職場に外国人がいる場合や、海外との取引や交渉が必要な場合、海外出張や駐在を控えている方などのボトムアップにおすすめ。

ビジネス英語を学ぶなら、この国!

アメリカ

ビジネス英語 アメリカ

英語といったらアメリカ、というイメージを持つ方も多いですよね。アメリカは多文化・多民族な国であるのに加え、勉強やビジネスのために世界中から人々が集まります。そのため、語学学校のクラスも多文化なのが特徴。語学学校激戦区でもあるため、授業の質が高く目的に沿って様々なコースが選べるのも魅力です。日常英語とセットになった基礎的なビジネス英語コースから、MBA留学を目指すためのハイレベルな講義まで、レベルも様々です。世界的に見ても、アメリカ式の英語を学び、アメリカ英語を話す人々は多数派。アメリカでビジネス英語を習得すれば間違いなし!と言えるでしょう。

> 参考「アメリカ語学留学でビジネス英語を学ぶ!」

ハワイ

ビジネス英語 ハワイ

ハワイ留学は、留学が初めての方、海外慣れしていない方におすすめ。一年を通じて過ごしやすい気候で、治安も良く生活しやすいのです。また、日本人が多く日本食や日本の製品も比較的簡単に手に入るので、ホームシックになりにくい環境です。ヨガやゴルフなどアクティビティもついたハワイならではの英語コースも多くあり、休暇も兼ねてゆったり学びたい方や、せっかくなら現地ならではの体験をしたい!という方にぴったり。一方で、遊ぶよりも真剣に勉強したい、という方にはワイキキエリア以外がおすすめ。有名なリゾート地や観光地以外のエリアにある語学学校なら、落ち着いて英語に向き合えるでしょう。

> 参考「ハワイ語学留学でビジネス英語を学ぶ!」

オーストラリア

ビジネス英語 オーストラリア

多文化で大学や語学学校の選択肢が豊富なオーストラリアは、世界でも屈指の留学生にやさしい街。親日的なこともあり、地元の人もフレンドリーで、とても暮らしやすい環境です。ビジネス英語コースには、就業体験付きのものやワーキングホリデーの合間に受けられるものも多く、実践的な演習を積むことができます。語学学校は各都市にたくさんあり、コースや日本人の比率も様々。各都市で放課後のアクティビティや週末の過ごし方も異なります。時差が1,2時間程度(サマータイム、都市により変動)と小さいため、短期間で学びたい方にもおすすめです。

> 参考「オーストラリア語学留学でビジネス英語を学ぶ!」

カナダ

ビジネス英語 カナダ

カナダの英語の特徴はなまりが少なく、どの国の人でも聞きやすいこと。アメリカやイギリスのような強いアクセントがカナダ英語にはあまりなく、留学生がマスターしたい英語としても人気です。北米系企業のビジネスマナーを習得できるのも魅力。また、教育水準が高く、特に大学付属の語学コースなどでは、質の高い授業を受けられます。日本人は比較的多いですが、母国語禁止をルールに設けている学校も多く、英語にどっぷり浸ることができます。基礎的な文法や日常会話を既にマスターしている人もさらにレベルアップできる環境です。とても治安が良く親切な国民性で生活しやすいのも人気の理由です。

> 参考「カナダ語学留学でビジネス英語を学ぶ!」

ニュージーランド

ビジネス英語 ニュージーランド

日本と同じ島国であるニュージーランドは、大自然に囲まれており、治安が良く暮らしやすい国としても知られています。地理的にアジア系の住民や留学生も多く、人種差別が少ないので海外に慣れていない方でも安心です。また英語圏の留学先の中では、学費や生活費が安いことも嬉しいポイント。語学学校は、大学付属のものや私立のものなど様々ですが、一般的に少人数制でアットホームな雰囲気です。就労体験やスポーツアクティビティのついたコースも多く、留学の目的に応じて様々な選択ができます。

> 参考「ニュージーランド語学留学でビジネス英語を学ぶ!」

イギリス

ビジネス英語 イギリス

イギリス英語は格式高く上品なアクセントが特徴。英語発祥の地でもあるイギリスは英語教育の歴史も古く、質の高い授業を開設するスクールが豊富にあります。日本人が少なく、ヨーロッパを始めとした様々な国からのクラスメイトと仲良くなれます。ビジネスでの習慣や使う語彙がアメリカとは異なることもあるので、イギリス系企業を目指す方、イギリスやヨーロッパの人と関わる機会が多い方には特におすすめ。ビジネスや文化に浸るならロンドンやマンチェスターなどの大都市、現地の学生気分で快適に生活するならケンブリッジやオックスフォードなどの学生街。各都市で雰囲気が異なるのも面白いですね。地域によっては独特の英語のなまりがあるので注意しましょう。

> 参考「イギリス語学留学でビジネス英語を学ぶ!」

フィリピン(セブ)

ビジネス英語 フィリピン

セブ島を中心としたフィリピンの英語コースの特徴はなんといってもコスパが高いこと。日本からの渡航費はもちろん、学費や生活費も英語圏の国と比較すると格段に安く抑えられる上に、コース内容はとても充実しています。欧米では高価なマンツーマンでの演習を何時間も受けることができたり、一日10時間以上授業があったりと、欧米よりも長い時間英語に触れあえる、と言われるほど。食事や宿泊もセットになったプログラムも多く、サポート環境が充実しているので、初めての留学でも安心です。東南アジア経済が急速に発展しており、アジア系の人々とのコミュニケーションがより重要になっていることからも注目度が高まっています。

> 参考「フィリピン(セブ)語学留学でビジネス英語を学ぶ!」

 

以上、ビジネス英語について学ぶ意味や留学先の理解は深まったでしょうか。独学でマスターするのは難しいビジネス英語。留学をして英語環境で使いこなす練習を積めば、自信をもって職場で使えるようになるはず!キャリアアップ、スキルアップを目指す社会人の方や他の就活生から一歩リードしたい学生の方、ぜひご検討ください!

留学エージェントに資料請求

語学留学 関連記事

ビジネス英語コースについては、こちらの記事も参考に!

> 「語学留学でビジネス英語を学ぶ!留学費用は?」

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

MIA

MIA★イギリス、フランス留学経験者

イギリスのUniversity of Birminghamに留学しました、MIAです!
留学は高校生の頃からの憧れで夢。
国際政治経済学を中心にイギリス独自の学問を幅広く学びました。
バンドが大好きなので、ロックの本場イギリスのフェスにもたくさん行くことができて大満足です!

関連記事

ページ上部へ戻る