ドイツ留学したら、本場のハムや食事を楽しもう!

ドイツ留学したら、本場のハムを楽しもう!

ドイツのハム

ドイツでハムはスーパーや市場、そして祭りの屋台でもよく売っている所を見かけます。

ハムと言ってもいろいろな種類があり、日本ではなかなか手に入らないものも数多くあります。ドイツではハムをよく朝食などパンと一緒に食べます。またお酒のつまみとして食べることもあります。

スーパーにはハムの大きいコーナーがあり、要冷蔵のハムと常温保存が可能なハム、どちらも売っています。

要冷蔵のハムは薄切りにしてあるものがほとんどで、鶏肉や豚肉、牛肉、ターキーでできたハムがあります。また原産国も様々でフランス産のものやイタリア産のものなども手に入れることができます。

ハムの中にナッツなどの木の実が入っているものや、ハムにチーズがコンビネーションされているもの、ハムにパプリカなどの野菜が練りこまれているものなどあり、様々なハムの味わいを楽しむことができます。

長期保存が可能なハムは一般的に薄切りにはしていなく、1本の長いソーセージのような形で売っています。このハムは普通のハムより堅めですが、切ってパンの上にのせて食べる人もいるそうです。

ドイツではベジタリアンやビーガンに対する配慮がしっかりとされているため、そのような人たちでも食べられるハムも売っています。

またハムがクリームになったレバーソーセージというものもあり、これもパンにのせるハムとして使われています。子供はよくこのレバーソーセージを食べるそうです。

ドイツ留学中の朝食

ドイツ留学中の朝食

ドイツで朝食は一般的に大きく2つに分かれています。1つはパンにハムやチーズ、野菜を挟んだサンドイッチです。

ドイツでサンドイッチを食べる人が多く、朝食のみでなく夜食もパンで済ませる人も多いため、スーパーにはハムやチーズも豊富です。ハムやチーズの種類も多く、ブランドにより甘さや酸味など異なるため、様々なブランドを食べ比べし、自分の好みに合うものを見つけることが大切です。

またサーモンをハムの代わりに使う人もいるため、サーモンも売られています。そしてドイツのパンの食べ方で一番驚いたことは、バターの使い方です。ドイツ人はパンにバターをとてもたくさん塗ります。クリームチーズをバターの代わりに使う人が多いですが、バターをパンにとても厚く塗り、その上にハムやチーズなどの具材をのせる人もいます。私が初めてドイツ人と朝食にパンを食べた際、バターが少量すぎて驚かれました。

ドイツではバターは栄養豊富で、またドイツの堅いパンを柔らかくしてくれる大切な役割を果たしているそうです。 もう1つはシリアルやコーンフレークスです。ドイツではこのことをミューズリーと呼んでいます。スーパーでミューズリーのコーナーもとても大きく、様々な種類が売られています。中にはプロテインが入ったものもあれば、ナッツなどの木の実がたくさん入ったものもあります。

ドイツ人はミューズリーをヨーグルトや牛乳に入れて食べるのは一般的です。中には自分でフルーツを切って入れる人もいます。ミューズリーをそのまま食べると堅いので、ヨーグルトや牛乳で柔らかくして食べるのだそうです。

ぜひドイツの朝食スタイルを試してみてください。

留学エージェントに資料請求