ドイツでの体調不良の治し方

ドイツでの体調不良の治し方

日本では風邪を引いたりと体調不良を感じた時、すぐに薬を飲んだほうがいいと言われることも多いと思います。

しかしドイツでは風邪を引いてもなかなか薬を飲みません。薬に頼りすぎないよう自然治癒を心掛けているということもありますが、薬は咳や鼻水、熱、頭痛などの風邪の症状を抑えるだけで根本であるウイルスを殺す効果はないので薬を飲む時は体が本当に辛い時のみだそうです。

薬で風邪の症状を抑えなくても我慢できる時はなるべく薬に頼らず、本当に体が辛くなった時のみ薬に頼るそうです。

しかし薬を使わずただただ風邪が治るのを待つわけではありません。

薬を使わない代わりにドイツではお茶をよく飲みます。お茶といっても紅茶や緑茶ではなく、風邪など体調不良のためのお茶です。

このお茶は主にdmやRossmann、Müllerなどのドラックストアで買うことができます。

スーパーや百貨店で取り扱いのある所もありますが、種類が少なかったり、店舗の大きさによって取り扱いがない場合もあるのでドラックストアでの購入がおすすめです。

種類は豊富で、風邪に効くお茶(Erkältung Tee)や頭痛に効くお茶(Kopf- Entspannungs Tee)、咳と気管支に効くお茶(Husten und Bronchial Tee)、のどの痛みに効くお茶(Hals und Rachen Tee)、胃腸に効くお茶(Magen und Darm Tee)などたくさんあります。

私はドイツに来る前体調不良になるとよく薬に頼っていましたが、ドイツに来てからは薬になるべく頼らないように気をつけています。

薬を使わないことで症状がより辛く感じることもありますが、体に良い風邪の治し方だと思い実践しています。効果は人それぞれと思いますが、お茶を使って治すこともおすすめです。

留学エージェントに資料請求