Fikaってなに?スウェーデンの留学生活には欠かせない!

se_ht-fika.html1 こんにちは。みなさんはスウェーデンについてどのくらいご存知でしょうか?日本人にとってスウェーデンはマイナーな国なので、あまり詳しく知らない方も多いと思います。今回はスウェーデンについて知ってもらうために、スウェーデンでの留学生活には欠かせないFikaについてお話したいと思います。

Fikaとは?

Fika(フィカ)という単語自体は、スウェーデン語で、意味は「コーヒーを飲むこと」です。これがスウェーデンの生活に、考えられないくらい密接に結びついていて、学校でも職場でも、友達と会っても皆、Fikaをします。そのため、カフェやコーヒーショップが軒を連ねて町に並んでいます。具体的に何をするかというと、コーヒーやお茶を、甘いものを食べながら飲んで友達とお話をします。すごくスウェーデンらしいのんびりした、時間の使い方ですよね。 ちなみに異性同士が二人でカフェでFikaをしても、デートという意味をなさないのでご注意ください!(笑)(参照:スウェーデン人の彼氏ができるまで)  

Fikaと甘いもの

Fikaをする際に必ず頼むものが甘いもの!ケーキからチョコレート菓子まで様々なバリエーションがあります。以下代表的なものをご紹介します。

・シナモンロール

Fikaにつきものです。シナモンがたっぷり入ったパンです。甘くて苦めのコーヒーによく合います。こちらではお菓子を自分で作るのが主流なので、友達がフィカをする際に作ってきてくれることもあります。1個が20kr(270円)ほどです。 se_ht-fika.html2

・チョコレートボール(choklad boll)

こちらはスウェーデンでカフェに入れば間違いなく見つけることができるくらいの定番です。こちらも見た目通りの甘さで日本人好みだと思います。1個24kr(324円) se_ht-fika.html3

・サフランパン

スウェーデンでクリスマスに伝統的に食べられるパンです。甘すぎず、私の個人的にお気に入りNo.1です^^ 1個25kr(340円) se_ht-fika.html4 ・セムラ 見た目はシュークリームのようですが、カルダモンが入ったパン生地にアーモンドクリームをたっぷりトッピングするお菓子です!すごく甘いのですが、美味しいです。スウェーデンではイースターの前の時期に食べられるお菓子で、その時期になるといろんなカフェで一斉に売り出します。スウェーデンの中でも好き人と嫌いな人がいるそうですが、伝統的なお菓子です。1個25kr(340円)

おしゃれなカフェ

se_ht-fika.html5 Fikaが大好きなスウェーデン人はもちろんよくカフェに行きます。そして長居します。だからなのかもしれませんが、スウェーデンのカフェは本当にお洒落で居心地が良いです。私の一番のお気に入りは写真も載せましたが、Condecoというところです。何時間でもいられてしまう素敵な空間です。   スウェーデン人にとって、かかせないFika、少しですがわかって頂けたでしょうか。スウェーデンに留学した際は、是非Fikaを満喫してください^^
留学エージェントに資料請求