留学中、日本からイタリアに荷物を送ってもらったら、約47,000円もかかった件

留学中、日本からイタリアに荷物を送ってもらったら、約47,000円もかかった件

日本からイタリアに荷物を送ってもらったのですが、日本から送る際にすでに、日本円で25000円郵便局に払っていたのにも関わらず!
イタリアで実際に受け取る際に、追加で、180€(22357円)も取られてしまったのです。
イタリアは荷物が何カ月も届かなかったり、届いてもボロボロになっていたりすると聞いたことがあったので、まずは、荷物が無事にイタリアに着き、自分の手元に届いたことはよかった・・。と思いつつも、追加料金の理由を問合せ調べてみました。

Dazio in Euro:関税(輸入品に課される税)が69€
これは関税なので、まあ仕方がないかという感じ。

しかし、気になったのは一番高かった、
Iva in Euro:付加価値税。
調べるとこれは、イタリアで購買、飲食、サービスを受けた場合、支払われなければならない消費税のこと。
日本から荷物を送ってくれた母に聞くと、日本から送る際に、母は郵便局の伝票に、送るものの総額を書く欄があり、そこに5万円と書いたそう。(きちんと届かないと困ると思い、少し高めの値段を書いたらしい)
荷物の中身の総額×消費税(標準税率22%)
がかけられるため、関税と、郵便料と合わせて180€も取られてしまった。

イタリアの郵便事情

郵便でこんなにもの高い”サービス料”が取られるなんてびっくりしましたが、ヨーロッパでサービス料のチャージは結構当たり前ということで、イタリアに郵便を送る際には、これらの事情を把握した上で送ると、ある程度の郵便料金が分かっていいと思います。

今はコロナで郵便に遅れが出ていることが多いですが、今の時期(2020年10月時点)では、日本からイタリアに郵便を送る際は、大体2週間くらいです。ご参考までに!
※手紙などの軽いものはもう少し早く着くかもしれませんが、郵便局に要ご相談を!

留学エージェントに資料請求