【ラトビア留学】寮に暮らす場合に必要なバスカードの作成方法

ラトビア大学で発行してもらう学生証とパスポートをKlientu apkalposanas centrs, Rigas Satiksmeに持っていき、学生用のICカード(etalonのカード)を発行してもらいます。多分、最初にデポジットで5ユーロぐらい入れると思います。

【ラトビア留学】寮に暮らす場合に必要なバスカードの作成方法

公共交通機関の運賃(学割なしの通常価格)

1回券: 1.5ユーロ
2回券: 2.3ユーロ
5回券: 5.75ユーロ
10回券: 10.9ユーロ

私の場合は、学生用のICカードを持っていたので、1ヶ月15ユーロで、バス・路面電車・トロリーバスが使いたい放題を使っていました。普段は、バスぐらいしか乗らないので、留学後半の方では、20回分のチケット(5~7ユーロぐらい)に変えました。

バスチケットの購入場所

  • バスチケットの販売機
  • キオスク(NARVESENなど)
  • 運転手に直接切符を買う

*運転手に直接買うのは、少々金額が上がります。

バスチケットの購入場所

バスの使い方

バスの中に入って、etalonカードをスキャンするだけです。ICカードをスキャンする場所は、バスの中に4つあります。Etalonカードを乗車時にスキャンしなければ、罰金が取られる可能性があるので、最初にスキャンすることをお勧めします。あと、現金は使えないので、乗車前にバスチケットを買うことをお勧めします。

リガ国際空港から寮までの行く方法

リガ国際空港から寮までの行く方法

1つ目としては、空港を出て、すぐ近くにバス停とチケット購入機があります。そこで、チケットを購入し、乗車します。バスのチケットは、2ユーロぐらいです。
2つ目としては、タクシーアプリを使って、寮まで行く方法があります。タクシーアプリは、YandexとBoltがあります。タクシーの料金は、10~20ユーロぐらいです。タクシーアプリを使わないで、普通のタクシーを使うと、30ユーロを超えます。
3つ目としては、ラトビア大学に申請できるバディ制度を使って、リガ国際空港までお向かいに来てもらう。

バスの注意点:バスの到着時刻より早い時間に着いて、行ってしまう場合があるので、出来るだけ2分ぐらい前に行くことをお勧めします。

ラトビアのバス
留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断