ヨーロッパでは「スリ」と「押し売り」に気をつけて

留学にせよ、旅行にせよ、海外に滞在する際は、日本にいる時よりも周りに気を配りましょう。旅行者や、外国人を狙ったスリや押し売りは、ヨーロッパの観光地ではすくなくありません。

都市ではスリに遭いやすい

ヨーロッパは、旅行者はスリに狙われやすいです。現地の言語でコミュニケーションが取れない外国人は狙われやすいです。もちろん、注意を払っておけばそういったトラブルには遭いません。 ヨーロッパでのスリ まずは高価なものをあまり身に着けないことが基本です。そして、ジッパーの多いリュックなどは持ち歩かないこと。もしくは、貴重品をそういう鞄に入れないようにしましょう。 ショルダーバッグなどは、身体の後ろではなくなるべく前に持ってくるようにして持ち歩くようにします。パスポートやクレジットカード、現金など貴重品を持ち歩く際には、服の下に身につけられるシークレットポーチや、ジャケットの内ポケットに仕舞うことがおすすめです。 現金を持ち歩く際には、持っている現金すべてを一度に持ち歩かないようにしましょう。ホテルやホステルのロッカーなど安全な場所がある場合には、現金の一部やパスポートをそこに保管することもおすすめです。 パスポートの原本を持ち歩かない場合には、パスポートのコピーを持ち歩くようにしましょう。

押し売りに注意

観光地では押し売りをする、物売りもいます。商品を無理やり渡してから、お金を要求してくることが多くあります。ギフトと言って渡してきたながら、最終的にお金を要求してくることも。 押し売りの人々は観光スポットに多くいる事が多いですが、一目で見分けが着きやすいので、話しかけられてしまった場合には、とにかくNoと言いながら避けて歩き去ります。 押し売り以外にも物乞いの人々の中には、直接話しかけてきてくる人々もいます。お金をあげるつもりのない場合には、こちらもとにかくNoといいながら歩き去ります。 物乞いの人々にお金をあげるのは悪いことではありませんが、一人や数人の物乞いの人々を助けても、それは根本的な問題の解決に繋がらないことは知っておきましょう。 日本ではなかなか出会わないスリと押し売りですが、いざ海外で旅行者、外国人の立場になると、被害に遭う人も少なくありませんので気をつけましょう。

おまけ:公共のトイレは有料!?

ヨーロッパでは公共のトイレは有料ということが頻繁にあります。有料といっても大体€0.60くらいで利用できますが、節約するためにはレストランやカフェ、美術館などに入った際に利用することです。場所によってはトイレットペーパーさえ持参していれば支払わずに使えることもあります。  
留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断