留学中の冬休みにスペインに行ってみた~宿泊編~

スペイン ヨーロッパや北アメリカに留学することの魅力の一つは、ヨーロッパ旅行のしやすさです。空港からにもよりますが、北アメリカからヨーロッパまで格安の航空券を見つけることができます。 今回、わたしは冬休みに大学の授業のフィールドトリップも兼ねて、冬休みにスペイン1ヶ月旅行をしてみました。まずは、マドリードでの宿泊と交通手段について紹介します。

マドリードで泊まるとしたら?

マドリードで費用を抑えて泊まるとしたら、おすすめはAirbnbもしくはホステルです。

Airbnbを活用する

https://www.airbnb.jp/ 大人数のグループで旅行している場合、Airbnbでアパートメント一つ、もしくは一軒家を一つ、まるまる貸し切ってしまう方がいいこともあります。今回、友人達7人とマドリードのマンション一室を貸し切りました。 スペインでAirbnb Airbnbでは一軒まるまる貸し切らない場合でも、個室を低価格で見つけることが出来るので、プライベートな空間を重視する人にお勧めです。市街の中心地から少し外れた住宅街まで、ロケーションの選択肢も幅広いです。 物件にもよりますが、多くのAirbnbではキッチンを利用することができ、場合によっては洗濯機も無料で利用できることもあります。

低価格はやっぱりホステル

ホステルでは、低価格で泊まれる部屋はドミトリーが中心となります。個室もありますが、個室は費用を抑えて宿泊したい場合にはあまり経済的ではありません。スペインのホステル ホステルの場合、街の中心地に位置していることが多いので、観光地などに行く際の移動時間と費用が抑えられます。ドミトリーの場合、室内に一人一つずつロッカーが設置されているので、持ち歩かない貴重品はそこに保管するようにしましょう。 マドリードでは、ホステルはAtocha, Anton Martin、Solなどの駅周辺のCalle de Atocha (アトチャ通り)沿いに密集しています。周辺にはプラド美術館やソフィア王妃美術館などが位置しているマドリードの中心地です。 私は友達と二人で、二つのホステルの男女混合のドミトリールームに宿泊をしました。ホステルにはスペイン国内を移動中にマドリードで一泊した時と、マドリードからのフライト前日に、別々のホステルに一泊ずつしました。 どちらもメトロンのAnton Martin駅の近くのホステルでしたが、一つは一階にバーが併設してあり、とても大きなホステルで、もう一つはバースペースのないもう少し小さなホステルに宿泊しました。どちらでも男女混合の大部屋ドミトリーだったので、プライベートなスペースはほぼありませんでしたが、一泊の滞在かつ、就寝中以外殆どホステル内で時間を過ごすことをしなかったので、そこまで気になる問題はありませんでした。

マドリードのメトロをマスター!

マドリードでは公共交通機関が発達しているので、市街での移動は徒歩とメトロでほぼ行うことができます。メトロの一駅間は乗っている線にもよりますが、比較的短いので、一駅、または二駅分を徒歩での移動も可能です。 メトロの切符はカード形式になっていますが、空港に行く時以外、駅に入る時だけしかカードをスキャンしないので、誤って多く金額を入れてしまっても、次の機会に持ち越すことはできないので注意が必要です。

スペイン留学 関連記事

留学成功の秘訣はエージェント選び!スペイン留学におすすめの留学エージェントは?  スペイン スペイン留学の部屋はどれにする?寮、ホームステイ、シェアハウス  スペインでの滞在方法
スペイン バレンシア留学 – パエリア発祥の地!食事に観光に、充実の居心地のいい街で留学!  スペイン バレンシア 第二外国語留学をしよう!スペイン語学留学編  スペイン
留学エージェントに資料請求
留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断