アカデミック英語 (Academic English)とは?

アカデミック英語を学ぶ

英語を勉強したい!と思ったら、まずは日常会話ですよね。
でも海外の大学や大学院に進学しようと思ったら、日常会話はもちろん、アカデミック英語を学ぶ必要があるって、知っていましたか?

アカデミック英語ってなに?

アカデミック英語とは、簡単にいえば、学術的な英語のこと。
海外の大学や大学院に進学すると、当然、授業で討論をしたり、文献を読んでレポートをしたりと、アカデミック英語のスキルが必要なんです。

日常会話やビジネス英語とも区別され、アメリカでは、「カレッジ・イングリッシュ」とも呼ばれます。

語学力向上のためにも留学するから、事前に勉強しなくても大丈夫じゃないの?という方もいるかもしれませんが、海外の学生は、大学進学前に、学んでいます。
日本人が海外の大学に進学する前に、きちんと学んでおくと、現地での授業もついていきやすいです。

> ビジネス英語についてはこちらの記事を参考に「語学留学でビジネス英語を学ぶ」

具体的に、どう違うの?

アカデミックな英語といわれても、なかなかイメージがつきにくいかもしれませんが、日本語の場合でも、PTOによって、違う言い方をすることがあります。
よりフォーマルな言い方に変わります。

たとえば、
比べる→比較する
似ている→類似している

英語の場合
get(得る)→obtain(獲得する)
take off(取る)→remove(除く)
understand(分かる)→comprehend(理解する)

アカデミック英語コースでは、どんなことを学べるの?

アカデミック英語コースは、海外の語学学校や日本の英会話スクールでも学ぶことができます。

  • 正しい文章の作り方
  • エッセイの書き方
  • アカデミック・ボキャブラリー強化
  • ディスカッション
  • プレゼンテーション
  • クリティカルシンキング など

大学の講義

アカデミック英語コースを手配している留学エージェント、語学学校

beo

語学留学はもちろん、大学・大学院進学にも力を入れている留学エージェント。
そのため、アカデミック英語専門のコースを設けています。
コースは初級・中級・上級に分けられていて、自分のレベルに合わせて受講できます。

エジンバラ大学(イギリス)

イギリスの大学進学を希望の方向けのコース。
週に20時間、6週間から実施されています。
一般英語コースを組み合わせて受講することがおススメです。

SI-UK

イギリス留学を手配している留学エージェント。SSA(留学準備英語)コースが、アカデミック英語を学べるコースになります。
リーディングやスピーキング、ライティング、ディスカッションとバランスよく英語力を向上させることができます。

CAPLAN(カプラン)

世界中に40もの校舎を持つ語学学校。
進学準備はもちろん、ディスカッションやプレゼンテーションの向上を目的をしている方に人気のコースです。
仕事に役立てたいという方もおすすめ。

アカデミック英語を学ぶ

まとめ

いかがでしたか?
海外の大学や大学院に進学するなら、必須のアカデミック英語。
しっかり身に付けて進学することが、大切です。優秀な成績を修めるためにも、しっかり身に付けておきましょう。

アカデミック英語を学べる学校は、いろいろありますので、よく比較してみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る