ヨガ留学にチャレンジ!海外へヨガを学びに行く理由とは?どんな国でできるの?

ヨガスタジオ

「ヨガ留学」という言葉を聞いて、お手軽にできるヨガのために留学?メリットは…?と、気になる方も多いはず。

今回はヨガ留学の魅力についてご紹介します!

ヨガ留学って?

女性を中心に人気のフィットネスのヨガ。普段使わない筋肉を動かすことで、体幹やインナーマッスルを鍛えられます。マット1枚あれば参加できるため、運動不足解消や美容のために気軽に始められるのがポイント!

日常的にヨガを続けるうちに、海外で本格的にヨガを学びたい・自然の中で身体を動かしたいと思う人も多くいます。そのため、語学+ヨガやヨガ専門などの様々な留学プログラムが充実しています。

自然ヨガ

ヨガ留学にオススメの国

アメリカ

日本での美容ヨガブームを生み出した国です。ニューヨークのように忙しい日々を送るアメリカ人には、ヨガのような気軽なフィットネスが人気。エアリアルヨガやホットヨガなど流行に乗ったものも親しまれています。語学学校+ヨガコースも豊富に揃っているため、語学も一緒に学びたい方にもオススメです。

>アメリカのヨガ留学について詳しく見る

ハワイ

観光地としても人気の高いハワイ。リゾート地の優しい大気を感じながらヨガを行い、リラックス効果を高めます。綺麗なビーチで行う開放的なヨガは格別。日本人インストラクターや日本語スピーカーのレッスンが非常に多いため、英語が苦手・日本人の友達を作りたいという方にオススメ。

>ハワイのヨガ留学について詳しく見る

オーストラリア

ヨガ好きが集まる国の1つ、オーストラリア。中でもバイロンベイは、神秘的な雰囲気と自然を大事にした環境がヨガを行うのに最適なため、様々な講師・スタジオが集まっています。ヨガの歴史や考え方、哲学を大事にしているため、エクササイズとしてのヨガとは一味違ったレッスンが受けられます。

>オーストラリアのヨガ留学について詳しく見る

自然ヨガ

ヨガ留学のメリット・デメリット

メリット

日常とは全く違う環境の中で、ヨガを楽しむことができます。中でも、ハワイやオーストラリアの屋外ヨガでは、広大な自然の中で身体をのびのびと動かすことができます。海外で経験を積んだインストラクターから直接指導を受けられるのもポイント。優れた技術や幅広い知識を学ぶことができる貴重な機会となります。

ヨガ・インストラクターのライセンスを取得したい場合、短期で取得できる点もメリットの一つ。3週間~1ヶ月程で取れるため、日本で数ヶ月かけて取るよりも手間がかかりません。

デメリット

ヨガ留学のデメリットは、ケガの可能性があること。ホットヨガで脱水症状になる、身体に合わないポーズを無理に行いケガ、といったトラブルは日本でも起こっています。特に英語が通じない環境では、インストラクターには辛いと言いにくいもの。あまりにも負担がかかる時には、遠慮せずに休息を取りましょう!

ヨガ留学への参加条件

ヨガのレベル・語学力について問われることは基本的にありません。教える際に英語が必要となるため、インストラクター資格取得プログラムでは語学力が求められることがあります。

ヨガ留学の時期と期間

時期

特にこの時期!というものはないため、自分の都合に合わせて渡航して大丈夫です。屋外・屋内両方でヨガができるので雨天でも安心。

期間

最短5日間から留学可能です。おすすめの期間は、1週間~2週間ほど。インストラクター資格取得を目指すなら、1ヶ月は見積もっておきましょう。

屋外ヨガ

ヨガ留学プログラム

OHANA SPACE HAWAII 語学+ヨガ

  • 都市:ホノルル
  • 目安の費用:2週間:203,000円~
  • 特徴:語学とヨガを学ぶことができ、さらに語学学校を3校から選べます。語学・ヨガどちらも、初心者から上級者までそれぞれのレベルに合ったクラスが用意されています。日本人インストラクターが所属しており、日本語での受講が可能です。

Yoga Works 語学+ヨガ

  • 都市:ニューヨーク
  • 目安の費用:2週間:333,000円~
  • 特徴:ニューヨークの他、ロサンゼルスにもスタジオを持つ有名ヨガスタジオでのレッスンが受けられます。語学学校は3校から選ぶことができます。英語が午後の授業となるパターンもありますが、ヨガレッスンは朝6時から夜21時までほぼ毎日開いているので、午前中にもヨガレッスンが可能です。

Byron Yoga Center 語学研修付20日間

  • 都市:バイロンベイ
  • 目安の費用:4週間:745,000円~
  • 特徴:老舗のヨガスクールで、20日間でインストラクターライセンスを取得するプログラムです。初めの12日間は、ポーズやヨガの基礎などを集中的に学びます。残りの8日間では、インストラクターとして「教える」ことを中心に学びます。現地の生徒に教える機会もあるため実践経験を積めます。英語で教わり英語で教えるため、語学研修で語学を学ぶ必要があります。

ヨガ留学を手配している主な留学エージェントとスクール

WISH

30年以上留学サポートを行っている大手留学エージェント。過去10万人以上の留学サポートを行った高い実績があります。海外滞在中、サポートオフィスに日本人スタッフが常駐しているため、トラブルがあればすぐに相談できます。

StudyIn

留学の結果を重視した留学エージェント。全てのカウンセラーが1年以上の海外経験(留学・就労)があり、留学に関する不安や疑問を解消してくれます。短期でも語学力向上に繋げられるように効果的な提案を行います。

OHANA SPACE HAWAII

留学生を受け入れている、ハワイのヨガスタジオ。初心者から上級者まで対応したコースがあります。ヨガマットは無料貸出のため、手ぶらで参加できるのが嬉しいポイント。屋内はもちろん、ビーチ・公園といった屋外ヨガも楽しめます。

Byron Yoga Center

オーストラリア、ヨガの聖地バイロンベイの老舗ヨガスタジオです。ヨガの哲学の面も重要視しているため、英語で受講する場合は中級以上の英語力が求められます。そのため、英語に自信の無い方向けに日本語通訳付きレッスンが用意されています。

ヨガ

留学エージェントの行っているサービスには、どんなものがあるの?

会社によって違いますが、主なサービスはこちら。

  • 滞在先手配
  • 各種手続き代行・サポート
  • 出発前オリエンテーション
  • 空港送迎
  • 現地で日本人スタッフによるサポート
  • キャリアプランニング

ヨガ留学 Q&A

Q.語学力は必要?

日本語通訳付きプログラムがあるため、英語が苦手でも問題ありません。語学学校と並行して通えば、語学力も向上します。資格取得の際には英語力が必要となるため、事前に勉強しておきましょう。

Q.ヨガ初心者だけど大丈夫?

大半のヨガスタジオでは、初心者から対応しています。特にハワイでは旅行も兼ねて、初めてヨガを楽しむ人も多くいます。

Q.ビザは必要?

1~2週間の短期留学ならビザ申請が必要ないことがほとんど。1ヶ月~3ヶ月以上の滞在なら、学生ビザ・ワーキングホリデービザとなります。

まとめ

ヨガスタジオ

ヨガは、健康面だけでなく精神面を豊かにすると言われています。多様な価値観を受け入れられたり、心に余裕が生まれたり…広大な自然の中、ヨガを行うことでそんな精神も身に付けられるはず。ヨガ留学で、心も身体も健康に導きましょう!

留学voiceでは、様々な留学エージェントの資料が1回で貰えます。興味のある方は、ぜひ下のバナーから資料請求してみてください。

留学エージェントに資料請求

スポーツ留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

masa

関連記事

ページ上部へ戻る