小中高生におすすめ、海外のサマースクールとは?

留学に興味がある小学生、中学生、高校生の皆さん!

夏休みの間、海外でサマースクールに通ってみませんか?

この記事では、サマースクールについてご紹介させていただきます!!

サマースクール

サマースクールとは

サマースクールとは、海外にある語学学校やボーディングスクールが実施している、夏休みのプログラムです。

通常、日本の学校が休みの6月から8月ごろの夏休み中に開催されています。期間は最短1週間~最長2か月程度です。

費用はプログラムごとに異なりますが、1週間あたり$500~$2000(渡航費別)が多いです。

サマースクールのプログラム内容

サマースクールには大きく分けて、4つの種類があります。

語学+アクティビティ

語学研修にアクティビティ(観光やキャンプなど)がついたプログラムです。サマースクールでは、このようなプログラムが一般的です。

午前中に語学の授業を受け、午後はアクティビティへ出かけるというスケジュールが基本です。語学の授業が無い日は、一日中アクティビティをするということもあります。

外国語を学ぶだけでなく、現地での生活をエンジョイできるので人気です。アクティビティには、サーフィンやカヌーのように現地の自然を楽しめるものもあれば、博物館や学校を訪問して現地の文化を学ぶことができるものもあります。

語学中心

みっちりと語学の授業(ESL)を受けられるプログラムです。

一般的なサマースクールでは、午前は語学の授業で、午後はアクティビティとなっていることが多いです。しかし語学中心のプログラムでは、午前も午後も語学の授業を受けられるので、夏休みの間だけでも語学力をしっかり伸ばすことができます。

語学+授業

語学研修を受けつつ、実際の学校の授業(文学、数学、社会、理科など)を受けられるプロ

グラムです。

社会の授業では社会問題について討論したり、理科の授業では実験をしたりすることができます。海外の高校や大学に入りたいと考えている人におすすめです。

語学+スポーツ/アート

スポーツやアートについて学びつつ、語学研修も受けられるプログラムです。

スポーツにはサッカー、野球、テニス、バスケットボールなどの日本人に馴染みの深いものだけではなく、乗馬やゴルフ、アーチェリーなどの学校もあります。

アートでは、美術やダンス、演劇などを学ぶことができます。

サマースクールでサッカーをする少年

サマースクールのメリット

1:生きた英語が身につく!

夏休みの間、英語だけの環境で過ごすことで、生きた英語が自然と身についていきます。日本の学校でも授業はありますが、教科書に沿って学ぶことが多く、なかなか生きた英語に触れる機会が少ないのが現状です。海外で色々な体験を楽しみながら、生きた英語に触れることができます。

2:自立のきっかけになる!

日本で家族と過ごしていると、家事は家族がしてくれることが多いと思います。しかしサマースクールでの生活では、自分で食後の片づけや部屋の掃除など、周囲のルールに応じて、自分でやらないといけないことが出てきます。自分で自分のことをすることで、成長のきっかけになります。

3:いろいろな国の友達ができる!

サマースクールでは、様々な人種の子どもたちが参加しています。異なる文化・習慣を持つ、同年代の子どもたちと友達を作ることができ、国際感覚を身に付けることができます。

4:将来、長期留学をするための準備になる!

サマースクールで短期留学を体験することで、いつか長期留学をしたいと思うようになるかもしれません。サマースクールによって英語力も伸びますし、外国での生活や外国人とのコミュニケーションに慣れることができます。将来の長期留学への準備ができるでしょう。

サマースクールのメリット

サマースクールに入るための条件

年齢

小学生、中学生、高校生が主です。

小学生向けであれば、短期間でキャンプなどのアクティビティが豊富なサマースクールが多いです。小さいころから海外生活に慣れておくことで、将来、留学したいと思うようになるかもしれません。

中学生なら、高校・大学での留学を視野に入れてサマースクールに参加する人も多いでしょう。興味のある国や学校でのサマースクールを探してみてください!

英語力のある高校生には、ぜひ有名大学での授業が受けられるプログラムに参加してみることをおすすめします。世界中から優秀な生徒が集まってくるので、とても刺激的です。

英語力

英語力が無くても大丈夫!英語力に不安のある方でも、きちんと語学研修をしてくれるサマースクールがたくさんあります。

特に英語力を伸ばしたいと考えている人は、語学研修がみっちり受けられる学校を選びましょう。

逆に英語力に自信がある方は、語学研修よりもアクティビティや実際の学校の授業が充実しているサマースクールを選んでみても良いかもしれません。

サマースクール

サマースクールでの滞在先

ボーディングスクールや大学のキャンパス施設の場合、寮という滞在方法の選択肢があります。

寮の場合、多くが相部屋で、集団行動が基本。異なる文化や習慣を持つ友達と過ごすことで、ルールを

守り、周りへの気遣いを学ぶことができます。

施設が充実しており、スタッフが一緒に宿泊しているので、セキュリティ面でも安心です。

ホームステイ

海外留学といえば「ホームステイ」を思い浮かべる方も多いと思います。

家族構成は様々ですが、現地のホストファミリーのお宅で、ホストファミリーとともに生活することで、より現地の生活や文化の違いを感じることができます。

教師宅ホームステイ

教師の資格をもつ先生のお宅で宿泊するタイプです。

日常生活を先生と一緒に過ごすことで、普段の何気ない会話についても、プライベートレッスンが受けられるため、最近人気が高くなっています。

サマースクール

サマースクールで人気の国

 

アメリカ

サマースクールといえば、憧れはアメリカ。
流行の最先端の国だからこそ、さまざまな国籍の留学生が集まります。アメリカといっても国土が広いので、どの都市に留学するかも、よく比較して選びましょう!

ハワイ

日本人にとって身近な海外「ハワイ」。アメリカの中でも、日本から近いリゾート地で、旅行先としても人気なので、初めての海外で不安という方でもチャレンジしやすいところです。

カナダ

留学先として人気のカナダ。冬は寒いですが、夏は過ごしやすく、自然が多い国。自然を満喫できるアクティビティも人気です。

オーストラリア

語学留学の留学先として人気のオーストラリア。
移民も多く、世界中から留学生が集まる国なので、生活しやすい点も魅力的です。日本が夏の時、オース

トラリアは冬になります。自然も豊富なので、海や山でのアクティビティも楽しめます。

ニュージーランド

ニュージーランドといえば、農業や畜産で有名。のんびりした雰囲気の中で、集中して学びたい方にオススメ。日本が夏の時期は、オーストラリアは冬になるので、スノーボードなども楽しめます。

イギリス

短期間でもしっかり語学を身に付けたい方に人気なのが、イギリス。美術館や博物館も多く、観光スポットもたくさんあります。歴史を感じる街や建物に囲まれながら、イギリス文化を体験してみてはいかがでしょうか。

マルタ

ヨーロッパの中でも治安のいいマルタ。海に囲まれた島国で、美しい海は絶好のダイビングスポットになっています。
ヨーロッパのリゾート地として知られ、ヨーロッパからの留学生が多い点が特徴です。

アイルランド

英語を学べる留学先として知られていますが、実は日本人留学生が少ない穴場のスポット。日本人が少ないので、ある程度、語学を身に付けたらチャレンジしてみたい国です。

フィジー

旅行先としても人気のフィジー。ビーチでマリンスポーツも楽しみたいならオススメです。留学先としても人気で、生活しやすく、英語初心者でも安心です。

フィリピン

留学費用が安い点で人気のフィリピン。語学学校が多く、マンツーマンでレッスンを受けられるプログラムが充実しているところが特徴です。
日本からも比較的近いので、サマースクールにはピッタリですね。

サマースクールのイメージ

サマースクールのイメージはつかめましたか??

ぜひ、みなさんもサマースクールに参加して、素敵な夏をお過ごしください♪
賢く留学準備をするなら、こちらの記事も参考に!
「自分にピッタリの留学エージェントを探せ!」

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

haru

haruインドネシア留学経験者

インドネシアに留学していました!友達がたくさんできて、楽しかったです:)現在は、留学に関するライターをしています。

関連記事

ページ上部へ戻る