サーフィン留学って?本当に実力はつくの?英語は?疑問を一気に解消します!

サーファー

海外で腕を磨きたい!新しいことに挑戦してみたい!という方にピッタリのスポーツ留学。中でもサーフィン留学プログラムは、初心者から上級者向けまで充実しています。

今回はサーフィン留学の特徴や魅力についてご紹介します!

サーフィン留学って?

自然と一体化できるのが楽しい、波を進む感覚が気持ちいい…楽しみ方は人それぞれのサーフィン。しかし、日本の波は低く細かいため、様々なテクニックを試したりするには少し物足りないことも。

そんな方におすすめなのが、サーフィン留学。海外ではうねりのある波も来るため、サーフィンをより楽しむのにピッタリ!さらに、初心者から上級者まで楽しめるサーフスポットが沢山。

大会やビーチでは世界各国からプロのサーファーが集まるため、海外のレベルの知ることができます。あんな技を身に付けてみたい!という自分への刺激にもなります。

サーフポイントが多く、語学+サーフィンコースやサーフスクールが充実している国を中心にご紹介します!!

サーフィン留学にオススメの国

アメリカ

アメリカでは、西海岸、カリフォルニアで特に親しまれています。年間何十回ものサーフィンイベントが開催されているハンティントンビーチに沢山のサーファーが集います。日本人向けの大会が開かれる地域もあるため、サーフィンイベントに参加してみたい方にうってつけ。

>アメリカのサーフィン留学について詳しく見る

ハワイ

世界最大のリゾート地、ハワイ。サーフィンの聖地とも言われており、年間を通して気候が安定しています。日本人経営のサーフスクールや日本語スピーカーのインストラクターによるレッスンが豊富のため、語学に自信が無くても安心。初心者向けのコースも多く、留学で初チャレンジも可能です。

>ハワイのサーフィン留学について詳しく見る

オーストラリア

サーフィン留学プログラムの充実さや、サーフスクールの多さは随一。特にゴールドコーストには、沢山のプロサーファーも集まるため、高い技術を見ることもできます。年間300日以上晴天のサーファーズパラダイスなどが有名です。

>オーストラリアのサーフィン留学について詳しく見る

ニュージーランド

サーフィンといえば上記の国が思い浮かびますが、実はニュージーランドもサーフィンに適した国。国内400以上のサーフスポットがある他、語学学校でもサーフィンコースを取り入れていることもあります。混雑も少ないため、練習に集中できる環境が整っています。

>ニュージーランドのサーフィン留学について詳しく見る

サーフィン

サーフィン留学のメリット・デメリット

メリット

海のスケールが違うため、広い空間でサーフィンが楽しめます。うねりのある波も頻繁に来るため、色々なテクニック・技を試すことが可能です。ローカルサーファーと交流することで語学力の向上、サーフポイントの情報入手に繋がります。

現役プロサーファーによるレッスンを受けられるサーフスクールが多く、プライベートレッスンも受けられます。初心者の方でも、海外の波を熟知したインストラクターに教わることで、実践的な技術を身に付けることができます。

デメリット

語学+αコースの場合、サーフィンで疲れたとしても翌朝には授業。宿題に追われて午後のサーフィンが楽しめないことも。そのため、語学とスポーツの両立が少し難しいかもしれません。

また、サーフィンは天候に左右される要素が大きいです。雨季に渡航するとあまり練習が受けられないまま帰国する可能性があります。

サーフィン留学への参加条件

初心者から上級者までどなたでも参加可能です。年齢上限はないため、シニアの方まで楽しめます。英語力については、語学学校ではレベルに合わせて振り分けられるため、初級でも問題ありません。

サーフィン留学の時期と期間

時期

サーフィン留学ができる国では、基本的に年間を通してサーフィンができますが、冬と雨季はできるだけ避けましょう。可能性は低いですが、冬は海が冷たく、雨季はレッスンが中止になる場合もあります。オーストラリアでは、夏(12~2月)が雨の降りやすい時期に当たります。逆に、ニュージーランドでは2月が最も降水量が少ない時期となっています。

期間

短期で気軽に楽しむなら、2週間程がおすすめ!がっつりとサーフィンの腕を上げたいなら、3ヶ月以上~1年がおすすめです。オーストラリアのワーキングホリデービザなら、指定地域で3ヶ月就労すれば2年間滞在できます。

波打ち際

サーフィン留学プログラム

EC サンディエゴ校(アメリカ)

  • 都市:サンディエゴ
  • 目安の費用:2週間:272,000円~
  • 特徴:サンディエゴの中でも治安の良い立地にある語学学校です。2週間5回のサーフィンレッスンがあります。語学学校の日本人率が低いため、語学力を伸ばしたい方にもオススメ。サーフィンが未経験でもしっかりと指導してもらえます。 

Hawaii Surfing Support(ハワイ)

  • 都市:ホノルル
  • 目安の費用:1回(グループレッスン):7,220円~
  • 特徴:日本語スピーカーが講師のため、語学に自信の無い人も安心。最初のレッスンでボードに立てない場合30$キャッシュバックをする程、レッスンに自信があります。ワイキキ以外のサーフポイントツアーも行っています。

Pacific English Study(オーストラリア)

  • 都市:ゴールドコースト
  • 目安の費用:2週間:105,000円~
  • 特徴:サーファーズパラダイスまで徒歩30秒の場所に位置する語学学校。語学レッスン後にサーフィンレッスンが受けられます。サーフボードやスーツを学校で無料貸出ししているため、放課後に自由にサーフィンを楽しむことも。

Worldwide School of English(ニュージーランド)

  • 都市:オークランド
  • 目安の費用:4週間:248,000円~
  • 特徴:世界各国から留学生が集まる人気語学学校。4週間の夏限定スポーツ(サーフィン・セーリング・スキューバ)が入ったコースです。サーフィンを選ぶと、午前に英語レッスンの後に週2回のレッスン、週末1回のレッスンがあります。

サーフィン留学を手配している主な留学エージェントとスクール

ディーサイド留学情報センター

英語圏から非英語圏まで幅広く扱っている留学エージェントです。国内だけでなく、バンクーバーとニューヨークにオフィスを持っています。短期留学プログラムも豊富に取り扱っており、サーフィン留学プログラムも提供しています。

ICN 留学情報館

オーストラリアの留学を扱うエージェント。留学生一人一人に時間を取ってカウンセリングするため、将来設計についても相談できます。ビザコンサルタントが常駐しており、申請サポートや代行を行います。学校とのトラブルやビザの切替えもサポート。

アズウィック

美容・スポーツ留学を中心としているエージェントです。主要5ヶ国、9都市に現地サポートオフィスを持っており、日本人スタッフが常駐しています。カウンセラーは長期留学経験者のため、広い範囲で留学の悩みに応えてくれます。

女性サーファー

留学エージェントの行っているサービスには、どんなものがあるの?

  • 留学カウンセリング
  • 学校・滞在先手配
  • ビザ情報の提供、取得サポート
  • 空港送迎
  • 現地でのサポート

…等々、会社によって違いはありますが様々なサポートを行っています。特に学校や安全な滞在先を自力で探すのは時間と労力がかかるため、留学エージェントに協力して貰うことがおすすめです。

サーフィン留学 Q&A

Q.英語が話せなくても参加できる?

語学+サーフィンコースであれば、英語が初級レベルでも大丈夫です。サーフィンのみを学びたい場合は、あらかじめ日常英会話を勉強しておくか日本人コーチのいるサーフスクールを選びましょう。

Q.サーフィン初心者でも大丈夫?

大半のサーフスクールでは、初心者向けのコースも用意してあります。語学学校でサーフィンをする場合、まずはアクティビティで体験した後に自分でも楽しめそう!と思ったらコースを変更する、なんてことも可能です。

Q.滞在方法は、寮?ホームステイ?

滞在はホームステイがメジャーです。語学学校の場合は学生寮が無いことが多いため、それ以外の滞在方法となります。1~2週間の滞在ならホテルという選択肢もあります。

Q.年齢制限はある?

年齢は18歳以上であれば上限はありません。とはいえ、語学学校に通いながらであれば、放課後にサーフィンを楽しむ体力があるうちに行くのがおすすめです。

まとめ

夕焼けサーフィン

サーフィン留学には、沢山のメリットがあります。海外の景色を楽しみながら、波に乗るのは格別。

海外でしか乗れない波を楽しむことができるサーフィン留学に、ぜひチャレンジしてみてください!

留学voiceでは、沢山の留学プログラム資料を一括で受け取れます。サーフィン留学についての相談も、留学エージェントにお任せ。

サーフィンを海外で始めてみたい方、サーフィンの腕を磨きたい方は、ぜひ資料請求してみてください。

スポーツ留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

masa

関連記事

ページ上部へ戻る