どうするのがベスト!?留学中の日本人との関わり方。

どうするのがベスト!?留学中の日本人との関わり方。

「留学をしている間はなるべく英語だけを使いたいから日本語からは離れた環境に身を置いた方が良いのだろうか。」留学する前、私が心配していたことの1つでした。
留学先の学校では割合が少なくても、必ずと言ってもいいほど、日本人がいると思います。
しかし日本語をなるべく使いたくなかった私は、日本人だけのグループがあると、そこには入らず、なるべく他の国の子と交流しようとしていました。
また、日本人だけのグループをクラスで作ってしまうと、他の国の子は日本語がわからないので、少し感じ悪く見栄えてしまうこともあります。そのため、私は日本人同士であっても英語で話すように、心掛けていました。その方がお互い気持ちも良いですし、英語の勉強にもなります。
また基本的にはグループには入らず、1人で行動することが多かったです。すると、あちらこちらのグループから遊びに行こうと声をかけて貰えるので、たくさんの人と交流でき、友達も幅広くできます。
一人行動をするといっても、一人の世界に入り込むのではなく、常にオープンにフレンドリーに誰とでも話し、軽くどこのグループにも気軽にひょこっと参加するといったニュアンスです。
また、今日は少し英語より日本語を話した時間の方が多かったと思った日は、必ず洋画を見て、少しでも英語を自分で慣らす訓練をしていました。シャワーを浴びている時や部屋で1人の時に、1人でぶつぶつ英語で独り言を呟くのもおすすめです。
また、英語の音楽を聴いて、気に入ったフレーズを覚えて、手紙に書いて使ったりもしていました。毎日コツコツ積み重ねることで、英語のスピーキング力は確実にあがります。

もちろん、長期滞在のときは、日本人とも交流した方が、精神的にも楽だと思います。海外生活が長いと、ストレスも溜まり、悩みも出てきます。同じ国のに話を聞いてもらえるだけでもスッキリして心が晴れることもあるからです。
日本語から完全に離れてしまうと、疲れてしまうこともありますし、周りとの調和も非常に重要なので、息抜きをしながら自分でうまく調節することが大切です。

留学エージェントに資料請求