世界に飛び出せ!海外就職のためのパスウェイ ~ワーホリ&インターンを活用せよ!~

前回は最もオーソドックスな手段ともいえる留学から海外就職への繋げ方を紹介しましたが、第二回はワーホリやインターンから海外就職という手段を紹介します。ワーホリでの就業やインターンでの就業経験は現地企業で即戦力として働く武器になります。ワーホリ・インターンシップから海外就職への繋げ方について日本ワーキング・ホリデー協会で聞いちゃいました。

us-mm_workabroad02

ワーキングホリデーで 現地企業への就職を目指す

海外で転職したいひとや留学先とは違う国で就職したいひとへの海外就職のためのパスウェイがワーホリです。ワーホリは語学学校に通ったり休暇を楽しむだけではなく働くことが出来るのは周知の事実だと思います。このワーホリ期間中での就労を現地採用へと結びつけて海外就職する人も実はいるんです!ポイントはできるだけワーホリ期間中に長く就職したい企業で働くということです。日本ワーホリ協会によると、ワーホリで最も一般的なプランの一つが最初は6ヶ月語学学校に行って、それから数ヶ月日本食レストランで働いて、それから現地企業で働くというものだそうですが、現地採用を狙っていくならできるだけ早く現地企業で働き始めることです。ワーホリ期間中の就労はインターンシップでももちろん大丈夫です。現地企業でインターンをして、そのまま採用してもらえないかお願いしてみるということもおすすめです。現地企業に拘らず、海外にある日系企業で働くことで、現地採用されるというパターンもあります。現在イギリスのユニクロで働いている日本人女性はワーホリ期間中に現地のユニクロでアルバイトをはじめ、最終的には正社員として採用されたそうです。

ワーホリで現地就職するチャンスが高いのはイギリスとオーストラリアです。最長2年間のワーホリが可能なので、アルバイトだけではなく社員として働くチャンスも作ることができることと失業率が他国と比べて低いことがポイントです。一方、現地就職の難易度が高めなのがヨーロッパ諸国とアメリカです。ヨーロッパは失業率が高いため、アメリカはビザを取得について年々厳しくなっているためです。

us-mm_workabroad08

インターンシップを経験しよう

インターンシップは海外で就職をする際の基本です。海外では学生はインターンシップでスキルを磨いて経験を積み、企業には即戦力として採用されます。インターンシップが重要な理由はスキルが身に着けられるだけではなく、インターンとして働いた企業でそのまま採用されるということも珍しくないからです。インターンシップとして働くことでその企業の仕組みや仕事を覚えますし、インターンシップ期間中にその人の働きぶりを知ることができるので、採用しやすいのです。

留学生の場合、インターンシップは無給であれば在学中でも可能というビザがほとんどですが、有給でのインターンとなると学生ビザではできないこともあるのでそこは要注意です。OPTの期間中にインターンシップをすることも可能です。

海外にインターンシップをしに行く場合、エージェントを通していくインターンシップではそれはすでに一種のプログラムとして完結してしまっていることがほとんどですので、その後の採用に結び付けたい場合は自分でアポをとってインターンに申し込むことをおすすめします。

 

ちょっと意外な裏技編に続きます。

参考

この記事の著者

mm

mm

アメリカ長期滞在中

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ