就活で使えるのは、TOEICとTOEFLどっち?

TOEICとTOEFL

留学ボイス特派員のAnです。

大学4年生で、先日、就職活動を終えました。

留学される方の中には、「TOEFLのスコアは持っているけどTOEICのスコアは持っていない」という人も多いはず。

頑張って取ったTOEFLのスコア、堂々とエントリーシートに書きたいものですよね。

しかし、

実は日本の就活においては、TOEFLだけでは英語力をアピールできないということがあるのです。

そもそも、TOEFLとTOEICの違いって?

TOEFLとTOEICの勉強

留学を志す人にとっては基本的なことですが、一応おさらい。そもそもTOEFLとTOEICはどう違うのでしょうか。

TOEFLとは、

Test Of English as a Foreign Languageの略で、海外留学において入学・卒業などの基準として使われるテストです。

120点満点で、Reading・Listening・Speaking・Writingの4技能が問われ、内容は大学の授業のように学術的なものが多くなっています。

価格は$225とお高めで、ほとんど毎週開催されています。

一方TOEICとは、

Test Of English International Communicationの略。

ビジネス上のコミュニケーションスキルを測るテストで、ReadingとListeningがセットになっています。

990点満点で、内容はビジネスの手紙を読んだり会話を聞いたりといった実用的なものがほとんど。

価格は5,725円で、年10回開催されています。

就活するなら『TOEIC』を受けるべし!

TOEIC試験

留学を志す人の中には、TOEFLのスコアしか持っていないという人も多いかもしれませんが、実は就活するなら「TOEIC」は必ず受けておくべきなのです。

日本の就活において、TOEICの点数を書く場所はたくさんありますが、TOEFLの点数をわざわざ聞くことは多くありません。

どうしてTOEFLではなく、TOEICのスコアを持っておく必要があるのでしょうか?

理由1:日本の面接官はTOEFLの難しさを知らないから

一つ目の理由としては、そもそも日本の面接官はTOEFLの難しさを知らないのです。

ライターAnはTOEFLとTOEIC、両方とも受けましたが、圧倒的にTOEFLの方が難しく、対策がしづらいです。

おそらくTOEIC900点=TOEFL85点ぐらいの換算になると思います。

しかし、多くの面接官は留学経験がなく、TOEFLを受けたことがありません。

そのため、「TOEFLが90点ある」といっても面接官にとってはそれがどのぐらい英語が出来るか分からないのです。

せっかくTOEFLで点数を取ったのに、面接官に伝わらない…なんて、もったいないことですよね。

他の受験生とも比較がしやすく、面接官でもわかりやすいTOEICの点数の方が、英語力のアピールがしやすいことは間違いありません。

理由2:TOEICの点数の方が取りやすいから

TOEIC勉強

一つ目の理由とも関連しますが、もう一つの理由として、「TOEFLよりもTOEICの方が点数を取りやすい」のです。

TOEFLよりもTOEICの方が点数を取りやすい理由としては、

  • 高度なアウトプットが要求されるSpeakingやWritingがなく、自己採点もしやすい
  • 単調な問題が続くので、問題のパターンが覚えやすい
  • TOEFLより単語のバリエーションが少ない
  • 2時間で終わる(TOEFLは4時間)なので模試も解きやすい

などが挙げられます。

問題に慣れて単語の対策をすることで、50〜100点は簡単に上げることが出来るのです。

対策本も非常に多く、対策がしやすいといえます。

多くの企業では、TOEICで800点を越えると「英語に抵抗がない人」、900点を越えると「英語ができる人」とみなされる場合が多いです。

おまけ:TOEICが高い方が就活は有利なの?

TOEIC

ここまで読んでいただいた方には、就活にはTOEICが必要であるということがわかってもらえたかと思います。

…ですが、TOEICが高ければ就活で有利、内定が取れる、というわけでは決してありません。

面接において人柄を重視する日本の就活においては、TOEICはあくまで参考材料。

同じレベルの人がいた時でも「TOEICが高いからこっちの子を取ろう」とはなりません。

例えば、「国際部門で働きたいです」と言う時に、TOEICの点数が高ければ、自分のやりたいことに向かって英語を勉強する意欲があると判断され、志望動機に説得力が生まれますよね。

このように、TOEICの点数は、志望動機や自己PRを強化するための参考材料にしかならないのです。

TOEICの点数を上げるのはもちろん良いことですが、就活のためにはそれだけではけして足りないということを覚えておきましょう。

まとめ

就活においてはTOEICを受けるべきだということをお伝えしました。

留学、就活など、目的に合わせて、うまく英語の試験を対策していってくださいね。

こちらの記事も参考に!

TOEICは就活に有利なの??

TOEIC&TOEFL 関連記事

就職や留学でも必要になってくる語学試験のスコア。参考書が色々売られていた理、大学や各スクールでも対策講座がありますが、いまいちスコアが上がらない・・なんて方いませんか?

実は海外の語学学校では試験対策のコースが開講されているんです。わざわざ留学して試験対策?!と思うかもしれませんが、集中して学ぶことができるメリットが。

他にも同じ目標をもって集まる留学生と仲間ができたりとメリットは意外とあります。

実は、色々な国でチャレンジできる語学試験対策の留学。語学学校によって、レッスンの内容や費用が異なりますので、色々比較してみることがお勧めです。

留学エージェントさんによっても扱っている語学学校やサポートが異なるので、しっかり比較してみてくださいね。

留学voiceでは、1度に複数の留学エージェントさんのパンフレットを取り寄せることができます。費用やコースの内容もよく調べて、自分にあったものを選びましょう。

ぜひスコアを上げるための留学も検討してみてくださいね。

留学エージェント

この記事の著者

An

An★2016年9月からドイツ留学

ドイツのフランクフルト大学に9月から2月まで交換留学するAnです。
卒業を控えた大学4年生で、最後のモラトリアムを楽しんでいます!
ドイツでは国際金融や経営を学ぼうと思っています。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ