18歳以上の海外留学中・海外留学予定の人必見!海外から選挙に参加しよう!

選挙権が18歳に引き下げられたこともあり、大学生でも留学中に選挙が行われている!なんてことがこれから増えていると思います。かく言うわたしも将来的に見て在外投票ばかりすることになりそうなので、在外投票について解説していきます!留学中だからなんて言い訳せずに、若者の投票率を上げていきましょう!

us-mm_election01

在外選挙 基本のき

在外選挙とは外国にいる日本人の有権者が国政選挙に投票することのできる制度を在外選挙制度といい、この投票を在外投票と呼びます。在外投票をするには在外選挙人名簿に登録されている必要があります。

在外選挙人名簿に登録するための条件は

  • 日本国籍をもつ有権者であること
  • 外国に3ヶ月以上継続して移住していること
  • 在外選挙人名簿にまだ登録されていないこと

です。つまり、3ヶ月以下の短期留学や旅行の最中に選挙がある場合には在外投票することはできません。また、放浪の旅の最中で3ヶ月以上継続した住所を持たない場合にもできません。

us-mm_election02

在外選挙人名簿に登録しよう!

在外選挙人名簿に登録するには渡航前と渡航後の手続きが必要になります。それでは順を追って説明していきます。

  1. 海外渡航まえに、転出届けを市区町村役所にて提出。
  2. 渡航先の現地で在留届を提出。*1
  3. 大使館や総領事館など在外公館で在外選挙人名簿への登録申請。この際、現地での住所確認などの審査が行われる。
  4. 在外選挙人証の交付を受ける。

*1 在留届とは、外国に住所をもって3ヶ月以上滞在するする場合に提出が義務付けられている届出です。詳しくはこちら。オンラインでも提出が可能な様なので、これから留学に行く人や現在留学中の人はめんどくさがらずにやりましょう。在留届を出しておくことで、非常時に大使館や領事館からのサポートを受けることができるようになります。

おわりに

海外にいるし政治なんてよくわからないからいいや、なんて思わずに海外からでも積極的に選挙に参加していきましょう。わたしは個人的には選挙は政治について学ぶいい機会だと思うので、有権者としてしっかり考えて海を越えてでも選挙に参加したいと思います。

 

参考

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/senkyo/abroad.html

この記事の著者

mm

mm

アメリカ長期滞在中

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ