校則は「紳士たれ」 アメリカの男子大学潜入レポート(5) ~伝統編その2~

アメリカの男子大学

「アメリカ男子大学潜入レポート」第5弾。前回に引き続きアメリカの男子大学、Wabash College(ワバッシュ・カレッジ)に残る「伝統」を取り上げます。

ヒゲ&モヒカン男が大量発生する話。新入生の試練の話。女装クイーンの話。

前回は、一風変わったシュールな話が盛りだくさんでした。今回は、当事者からしたらより「まとも」、なのかもしれない話をいくつかご紹介します。

 

伝統の番人たち ~Sphinx Club~

大学の伝統

Wabash Collegeにはいくつものクラブがあります。学生組織・クラブの一覧を見てみると、見慣れた名前が並んでいます。料理クラブ、スペイン語クラブ、、など何をするか一目瞭然ですね。Sphinx Club(スフィンクス・クラブ)。何をするのかさっぱりわかりません。古代エジプト研究の同好会でしょうか。違います。では、何か。

 

Wabash CollegeのSphinx Clubとは、簡単に言えば伝統を守る学生連合のようなものです。Sphinx Clubは、伝統的、そして慈善的なイベントを通して、大学の連帯、統一、精神を全学生に対して浸透させます。クラブのオフィシャルウェブサイトを見てみると、このように書かれていました。

スフィンクスとピラミッド

このSphinx Club。あらゆるイベントに登場します。アメリカンフットボールの試合の際は、Sphinx Clubが応援団となります。前回の記事で紹介したChapel Sing(チャペル・シング)もSphinx Clubがリードします。また毎週卒業生や教授を招いて、Wabashについて語る講演会のようなものを開催しています。

アメリカの大学のフットボール

Sphinx Clubのメンバーは簡単に見分けがつきます。いつも、白地に赤線のビーニー帽(Potsとも呼ばれています)をかぶっているからです。イベントの際は、紅白のストリップ模様の変なオーバーオールを着ています。日本でいうところの、学ランに学帽といったところでしょうか。一見、ダサいようにも思えます。が、これも男子校に残る伝統です。Sphinx Clubのメンバーは一般に、憧れの存在らしいです。

メンバーになるのための入会儀礼は長く厳しく、大変。また成績優秀者である必要があります。それ故に、「選ばれし者たち」であると見なされます。

 

校則はたった一つ ~Gentleman’s Rule~

アメリカの大学の校則

Wabash Collegeにも校則があります。しかし、長くて覚えられないようなものではありません。たった一つの、簡潔な文章。それをWabash Collegeの男子学生たちは遵守する必要があります。

“The student is expected to conduct himself at all times, both on and off campus, as a gentleman and a responsible citizen.”

「学生は、キャンパス内外で常に、紳士として、そして責任ある市民として行動しなければならない」

これがWabash College唯一の規則、Gentleman’s Rule(ジェントルマンズ・ルール / 紳士規定)です。より完結に言えば、「Be Gentleman(紳士たれ)」。クラーク博士が札幌農学校で導入した校則と原理は同じです。 学生を信じ、自主性を尊重し、自由を与える。ルールの解釈の幅の大きさが、学生の自治や、自主的な紳士的行動につながっています。

アメリカの大学の校則

覚えにくい長々とした校則は、一度学校を卒業してしまえば一瞬で忘れてしまいます。ほとんど役にも立ちません。一方簡潔かつ真理をついているルールは、その後の人生でも一人一人の中で生き続けるはずです。

 

塗装され続けるベンチ ~Senior Bench~

大学の伝統あるベンチ

キャンパスの中央棟の前にある石製ベンチ。Senior Bench(シニア・ベンチ / 4年生のベンチ)と呼ばれています。4年生のみ、座ることを許されます。100年以上続く伝統です。このベンチ、年がら年中塗られては塗り替えられ、塗られては塗り替えられを繰り返しています。大学のあらゆる団体によるベンチの塗装も伝統となっているのです。

時には、特定のフラタニティやクラブが彼らのシンボルマークやカラーでベンチを塗装。時には、ベンチが白く塗られ、その上に赤字で何らかの主張やメッセージが書かれていることもあります。カラフルに塗り替えられてゆくベンチは見ていて楽しいです。

 

根性の科目登録 ~交換留学生は命拾い~

大学の科目登録

コンピューターの時代、あらゆるものは電子化されていますね。大学でも、様々な手続きがオンラインで済むようになってきています。科目登録などその最たる例ではないでしょうか。そんな中、時代に取り残された大学が存在します。

そうです。伝統が大好きなWabash Collegeです。この大学では、科目登録がオンラインではないのです。わざわざ紙の申請表に取りたいコースを書いて、提出する必要があります。そしてこれは早い者勝ちです。何が起こるか。登録するオフィスに向けての長蛇の列です。前日の夕方から、この列はできはじめ、夜には建物の外へあふれています。

大学の科目登録

秋学期の科目登録はまだ良いです。8月なのであったかいです。問題は春学期です。時期は1月。インディアナの冬は毎日マイナス10度を下回っています。この気温で、野外で一晩中過ごすのは自殺行為です。それでも伝統LOVE。ニヤニヤしながら並ぶ学生が多いのも事実です。

アメリカの大学での苦労

私はその時風邪をひいていました。絶望しました。登録日の前日、ダメ元で科目登録を行うオフィスへ向いました。すると、1年しかいない交換留学生だから特別に、ということで、先に希望するコースを取らせてもらえました。言ってみるものです。キャンパス唯一の交換留学生は、いろいろとお得なことも多かったです。

 

伝統を大切に

アメリカの大学の伝統

男子大学の学生は伝統を愛する傾向が人一倍強いように思えます。変な、あるいは辛い伝統でも、それを周囲の仲間と共に経験、そして共有することに至上の喜びを感じているようでした。Wabash Collegeは「流行ではなく伝統に重きを置く大学」であるという理事たちの言葉を、学生たちが証明してくれました。

参考リンク

Picture a Men’s College Circa ’56; That’s Wabash

The Sphinx Club is just misunderstood

Sphinx Club of Wabash College

Trust an 18-year-old?

Wabash College Class Agents Letter

Registering for Classes

アメリカ留学 関連記事

コミュニティカレッジ(Community College)ってなに?費用は?誰でも入れるの?

アメリカのコミュニティカレッジ

アメリカの大学・大学院へ進学!必要な条件は?入学試験はある?

アメリカの大学・大学院進学

正規留学ならチャンスかも!アメリカ大学留学奨学金のすすめ(前編)

アメリカの大学の奨学金

どう違う?イギリスとアメリカの大学院

アメリカとイギリスの大学院

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

Leo

Leo★アメリカ大学(男子校)1年間

イタリア生まれの日本育ち。大学2年次から3年次にかけて1年間、アメリカ中西部の男子校に留学。国際関係、紛争、芸術(制作)を学ぶ。留学中は自転車部と民族音楽サークル所属。趣味は自主映画製作。イギリスの大学院へ進学予定

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ