アメリカ留学、お金はどう管理する?

どうも。今回は留学したいと考えている後輩のご家族から最近質問されたことなんですが、アメリカへの留学中に僕がどのようにしてお金を管理していたのか、日本にいる家族からどのようにお金を送ってもらっていたのかについてお伝えしていきたいと思います。

アメリカ留学中のお金

カード社会

よく言われていることなのですが、アメリカはカード社会です。大体のところでクレジットカードもしくはデビットカードが使えますし、オンライン決済などもすごく一般的です。学校の食堂や自販機なんかでもカードが使えたりします。

僕が高校でアメリカに留学した際は、日本からキャッシュパスポートというオンラインでチャージできるカードを持っていきました。このキャッシュパスポートなんですけど、の国でも使えるようなので結構便利です。

留学生の友達の中には日本のクレジットカードを持ってきている人も結構いましたが、不自由なく生活できるようでした。VisaかMastercardならほとんどどこでも対応しています。

正直、一年以下の高校留学ならアメリカで銀行口座を開く必要もないと僕は思います。

銀行口座

先ほどお話ししたように、日本から持ってきたデビットもしくはクレジットカードでほとんど事足りますが、大学の授業料の支払いやアルバイトの入金先としてアメリカの銀行の口座が必要になることもあります。

州によって主流の銀行は違うので、州内の支店の多い銀行の口座を開くことをおススメします。

アメリカで銀行の口座を開くのは結構簡単で、手数料なども学生の場合はとらない銀行もあります。

また近いうちに口座開設のことについて別の記事を書こうかなと思います。

アメリカ留学での現金

現金

僕は高校のときは1000ドル(日本円10万程度)の現金を日本から持っていきました。別にそんなにもっていく必要なかったなあと思ったので大学で再び来た際は500ドルくらいを両替しておいた気がします。

心配な方は渡航前にある程度の現金を用意しておくのもいいかもしれません。

さいごに

お金などアメリカでの生活に深くかかわることは留学生、その親御さんたちの気になるところみたいですね。

またこんな感じの情報を記事にしていきたいと考えています。それではまた!

この記事の著者

けい

けい

アメリカの二年制大学で勉強しているけいです。高校二年生の時には10カ月アメリカで交換留学生として勉強していました。ちょっとでも留学を考えてる人たちの助けになるような情報を発信出来たら幸いです:)

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ