シドニー留学で必須!電子マネーカード「Opalカード」ってなに?

現在オーストラリアはシドニーに留学中のヒロアキです。

今回はシドニーでは必要不可欠な公共交通機関用の電子マネーカード、Opalカードについてご紹介します。

Opalカードとは

Opalカードは日本でいうSuicaカードのようなシドニーで使われている公共交通機関用の電子マネーカードです。バスや電車、そしてフェリーでも使うことのできるシドニーで暮らすには必要不可欠のものです。

アメリカのopalカード

購入の仕方

基本的にはコンビニやスーパーマーケットなどの小売店で購入することができます。私の場合は近くにあるスーパーマーケットで購入しました(Opalカードのサインがあるので、そこに行って店員さんに聞くと発行してくれます)。発行自体にはお金はかかれませんが、大人用のカードには最低$10、子供用のカードには最低$5のチャージをしなければいけません。

使用方法

 使用方法は基本的に日本で使われている交通電子マネーと同様で、乗る際に改札でタップし、そして降りる際にも改札でタップするだけです。しかし、改札が無い駅やフェリーも多く、その代わりに小さい電柱のような柱にタップする機械がついているだけということもあるので、改札が無いからタップしなくていいというわけではなく、しっかりタップすることを忘れずに乗車してください。タップし忘れてしまうと約$8ほどの罰金が取られてしまいます。

チャージの方法

チャージ方法も基本的に日本の交通電子マネーと同じで、電車の駅などでチャージできる機械が備えられており、現金でもクレジットカードでもチャージ可能です。しかしバス停などではチャージできる機械が無いため、そんな時はアプリを使ってスマホなどからチャージすることが可能です。

そのアプリは「Opal Travel」というものでそちらのアプリの使用方法も説明したいと思います。

Opal Travelアプリ

1. まずアプリを開くと「Add Card」と上に出てくるので、そこをタップしてOpalカードの裏に書かれている16桁の番号とその隣にある4桁のCSCと呼ばれる番号を入力します。すると上の写真のように自分のカードとその中に入っている残高が表示されます。

Opal Travelアプリ

2. 続いて1枚目の写真の真ん中にある「Top up」というところをタッチするとこちらの2枚目の画面に切り替わ流ので、$10,15,20,40,50のうちから自分がチャージしたい金額を選択し、下にある緑の「Add belling details」というところをタッチします。

Opal Travelアプリ

3. するとクレジットカードを入力する画面に切り替わるので、そちらに自分のクレジットカードの情報を入力し、下にある青色の「Add billing details」をタッチするとチャージ完了です!

まとめ

日本でも普段から使われている交通機関向けの電子マネーカードですが、いざ留学で海外に行くと、どこで買えばいいのか、どうやって使えばいいのか、どうやってチャージするのか、などわからないことが意外と多いので、シドニーに留学予定の方は今回の記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

オーストラリア留学 関連記事

この記事の著者

ヒロアキ

ヒロアキ

Wisconsin州にある大学に4年間まるまる正規留学中!また父の仕事の都合で香港、上海で幼少期をすごしたので中華料理を死ぬほど愛してます。

関連記事

ページ上部へ戻る