NYタクシーで忘れ物したら

正直私、タクシー基本乗らないんですよね。ていうか一回しか乗ったことないんですよ。その日はウーバー呼んでも全く来なかったから、仕方なくタクシーって感じなんですけど、その一回に限って携帯を忘れてしまいました。

今回、もしタクシーに忘れ物をしてしまった時、どう対処すれば良いのかをご紹介していきたいと思います。

NYタクシーで忘れ物したら

見つけるまでのプロセス

まず、タクシー会社がどこなのかを知る必要があるのでNYCの総合タクシーインフォメーションセンター的な所に電話をします。そして詳細を話したのち、3日以内に連絡をすると告げられ一旦待ちます。ただ、1秒でも早く見つけたい方は、お金を払うと優先してもらえるそうです。

連絡が来たら、次は連絡先とタクシーのナンバーを伝えられます。それをしっかりとメモし、次はようやく乗ったタクシー会社に連絡です。問題は、ここから態度が悪くなる可能性があります。私は、タクシー会社へ1回目の電話をかけた際に、強いスペイン語訛りのスタッフが出て、わからない間に怒られて電話を切られました。2回目でようやくまともに話せる人と繋がって、詳細を話し、忘れ物があるかを確認できました。

電話番号

まず、イエロータクシーに乗っていた場合は
1-855-657-8294

それ以外も含めると
311
に電話すれば大丈夫です。私は、どちらも電話しましたが、上の方が先に捕まりましたね。

伝えるべき詳細

レシートがあると楽なんですが、その時私は払っていなくて知人もレシートは持っていなかったので大変でした笑
私が聞かれたことを以下に並べます。

  • 日にち、具体的な時間
  • ピックアップ場所と目的地
  • ドライバーの名前・特徴・ライセンナンバー
  • 落とした物の紹介
  • 精算時の支払い方法(現金かカードか)
  • 支払った金額
  • 自分の電話番号・払った人の電話番号

ドライバーについては特徴さえわかればそれで大丈夫です。あとは、もう待つだけですので願うだけですね。また、最後に問い合わせ番号と別のコンタクト番号が送られて来ます。この番号は、連絡が待てなくてこちらから確認したい時用や、プラスで伝える詳細が合った時用です。

2回目の電話では、とても大事な情報をメモすることになるのでしっかりと復唱して合っているか確認して下さい。

以上が、対処法となりますが、日本のタクシーとサービスが同じだと思わないでくださいね笑

私事ですが、携帯を落としたのは帰国3日前のことで、私は間に合いませんでした。携帯があることだけを確認して終わりました笑

この記事の著者

ぼん

ぼん

小学生の頃、DVDレンタルショップに出会って人生変わった男。
現在、大学卒業後にアメリカ留学中です。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ