平和ボケしている方へ

海外留学をすると日本の常識は全く通じないですよね。それでは、これから留学する人に向けて幾つか気をつけるべきポイントをご紹介していきます。

ちなみに、長期滞在の留学生ではなく、旅行者にも言えることだと思いますので合わせてお読みください。当たり前といえば当たり前ですが、知人の話を聞くと中々嫌な思いをしている人も多いそうなので笑

留学中のトラブル

空港にて

まずは、公式キャブ以外は乗らないことです。公式キャブじゃないキャブに乗ったら幾ら請求されるか想像もできません。ちなみに私がLAに行った際、10人くらい乗れるシャトルを利用しました。このシャトル、地球の歩き方にも載っていたので安心しきっていたのですが、当時土地勘も相場もわからなかったので、Hollywoodまで幾ら?と聞くと2人で40ドルとのこと。実際あとで調べたら相場は30ドルかそれ以下でした笑 ちなむとUberだと25ドル程です。

やはり、1番のおすすめはUberを呼ぶことですね。安いし騙されることないので。例えば、JFKからTimes aquareまで公式キャブで行くと大体80ドルオーバーくらいですが、Uberやお勧めしたViaなどでは半額の40ドルくらいです。

また、キャリーバックを持って街中歩いていると、その辺の人に声を掛けられて法外な値段を請求されるので間違っても乗らないでください。

フェスにて

海外のフェスは日本のとは比べものにならないくらいスケールがでかいですよね。今回は、私の実体験に基づくアドバイスです。

5年ほど前、初めての海外でUMFに友達10人くらいと行きました。めっちゃ楽しかったのですが、携帯を盗まれてしまいました。ちなみに私以外にも2人盗まれています。この高確率は中々やばいですね。イベントの後、人の少なくなった会場をみると至る所にスマホのケースが落ちていました。シムを抜くためにケースを取ったんだと思いますが、想像以上の数に目を丸くした記憶があります。

後日、保険で携帯代を取り戻すために、警察署へ盗難証明書を貰いに行きました。するとそこには、私と同じような人達がわんさかと。特に警察は忙しそうにはしていなかったのですが、2-3時間待たされた後に、たった一言だけフェスで無くした携帯に盗難証明は出せないと言われました。
どんなに抗議しても、逆ギレされて終わりました。そうです、海外の警察は日本のように対応してくれません。なので盗まれたら終わりだと思っていた方が気が楽です。

モールやレストラン,公共の場にて

平和ボケしたまま海外に行くと荷物は全部取られます。荷物おいてトイレに行ったら綺麗さっぱりなくなると思ってください。
ビーチで遊んでいた際、少し泳いでいると砂浜においてある友達の荷物に人がきて携帯を取って行きました。少し意識しながら遊んでいたので気付いて、追っかけて返して貰いましたが、本当に何でも取って行きます。ちなみにその時の言い訳が、落ちていたから警察に届けようとしたんだよ。とのこと笑
当たり前ですが、海外は日本のように治安良くないので軽犯罪は身近です。

以上、当たり前の気をつけるべきことをご紹介してきましたが、それでも被害に遭ってしまっていませんか?
改めて気をつけて、留学・旅行を楽しんで行きましょう笑

この記事の著者

ぼん

ぼん

小学生の頃、DVDレンタルショップに出会って人生変わった男。
現在、大学卒業後にアメリカ留学中です。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ