交流の輪が広がる?イギリスの大学の Society を知ろう!

こんにちは!英国スコットランドにあるエディンバラ大学大学院に留学中の Yusei です。今回はイギリスの大学生活には欠かせない Society について話していきます!

イギリス留学でsocietyに参加
Jazz Society 主催の無料イベント

Society って何?

イギリスの大学にある Society というのは、日本におけるサークルのようなものです。スポーツや文化系をはじめ、各大学に様々な Society が学生たちによって運営されています。

イギリスの大学の学生たちは授業の他に、この Society の活動に参加することで交友関係を広げたり、新たな学びに挑戦したりしています!

色んな国からの留学生も多く参加していて、留学生にとっても年齢・国籍問わず多くの友達と出会い、交流することができます!

日本のサークルとの違いは?

Societyとサークルにおける一番の違いとは、Society の圧倒的な種類の数だと思います。

日本のサークルでもお馴染のスポーツ系や写真、言語系に加え、僕の通っているエディンバラ大学にはチーズを愛する人のための Cheese Society や Wine Society、Baked Food Society や Chocolate Society といった特定の食べ物系、Indian Music Society、African Drum Society や Mexican Dance Society など、ある特定の地域固有の内容など、サークルよりもより細かい分野の Society が存在します。

ここスコットランドはスコッチウイスキーが有名なので、多くの学生が Whiskey Society に参加しています。そこでは普段味わえないような種類のウイスキーを飲むこともできます!

このように数ある種類の Society からきっと自分の趣味や興味にマッチする Society 、そして多くの友達が見つかるはずです!

もう一つ大きな違いをあげると、アカデミックな側面に力を当てている Society も数多く存在するということです。僕の入っている Linguistics Society では、定期的にエディンバラ大学や他大学の教授を招待し、スピーチやディスカッションを行なっています。

先日開かれた講演会では、他大学の教授が多言語習得中の脳内のメカニズムについての研究を紹介していて非常に刺激的でした。

こういった学術的なイベントには学生のみならず学校の教授や先生もよく参加者として一緒に議論を楽しんでいて、レベルの高さを感じさせられます。

イギリス留学中にsocietyに参加

就活にも有利になる!

Society は気軽に参加することが可能ですが、メンバーとしてより積極的に参加することで活動内容を履歴書に書けるなど、就活にも有利に働きます!

例えば先ほど説明したような講演会を行うためには、学生たち自ら講演をしてくれる教授を探し、予定を合わせ招待しなければなりません。

教授たちも自分の仕事があり忙しいため、招待を成功させるためには礼儀正しい対応が求められると同時に自分の Society の良さを積極的にアピールできる力が求められます。

また僕は新しくできた Language and Education Society で幹部を務めているので、街にあるレストランやカフェをまわり Society と協力関係を結んでもらうための交渉をしたことがあります!

これは例えば Society の Facebook でそのお店を紹介する代わりに、メンバーは10%のディスカウントをもらえるといった感じです。こうした Society 割引は街のレストラン・カフェなどでよく見られますが、この協力の裏にはメンバーの努力があることを忘れてはいけません!

そして実際に店員との交渉によって磨かれたスキルは社会に出てもきっと役に立つはずです!

イギリスの大学のサークル

自分でイベントを立ち上げよう!

Society で他にできることといえば、自分でイベントを立ち上げることができます。代表や運営も全て学生が担当していていつでも気軽に話せるので、たとえ交換留学中の一年間や半年でも自分のやる気と内容次第でいくらでもチャンスがあります!

僕は Language and Education Society で、自身の研究に関するワークショップを行いました。他のメンバーも宣伝などに協力してくれ、色んな学部の学生や言語学部の先生にもきていただきとてもいい経験となりました!

Society に入ったらただイベントやミーティングに参加するだけではなく、自分から積極的に行動・発信していくこともより有意義な留学生活を送るための大きなポイントとなるでしょう!

最後に

今回はイギリスの大学にある Society について話しましたが、いかがでしたでしょうか?

語学留学、学部・大学院留学問わず、イギリスの大学で勉強する際は是非色々な Society に参加してみてください!

この記事の著者

Yusei

Yusei

現在スコットランドにある University of Edinburgh で修士論文と格闘中。英語教育、そして動機付けを専門に勉強しています!東南アジアでのサバイバルやヨーロッパでのヒッチハイク等、Adventurous な人生を送っています。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ