イギリス留学中に活用しよう!おすすめの9つのスーパーマーケット

イギリスのスーパーマーケット

イギリス留学中にお世話になるスーパーマーケット。長期留学なら、なおさら食費や生活費は抑えながらもイギリス生活を楽しみたいもの。イギリスのスーパーマーケットの特徴を押さえて、しっかり活用しましょう。今回はイギリスのスーパーマーケットをご紹介します!

1. Tesco

イギリスのスーパー tesco

イギリス国内で最も店舗数が多いのがTesco(テスコ) MetroやExpressなどTesco   でも色々な種類の店を展開している。ロンドンなど中心部でもたくさん見かけるだろう。品数は多いとは言えないが基本的に何でも揃っている。

2. Sainsbury

イギリスのスーパーSainsbury

Tescoと似た様な品揃いであるが、少し格式が高く値段も少し上がる。LocalやCentralなどTesco同様に色々な種類の店を展開している。オリジナルブランドのアジア食品の種類が豊富である。

3. Morrisons

イギリスのスーパーMorrisons

大型スーパーである。基本的に郊外やあまり大都市でないところにある。値段はかなり安く、特に酒の種類が豊富。総菜屋サラダなどもある。品揃えは店舗の大きさにもよるが種類も豊富で品揃えが良い。

4. ASDA

イギリスのスーパーASDA

こちらも大型スーパーで郊外にあることが多い。おそらくイギリスのスーパーの中で最も安いのがASDAだろう。他のスーパーに比べて夜遅くまでやっていたり、中には24時間営業の店舗もある。

5. Waitrose

イギリスのスーパーWaitrose

王室御用達のスーパー。が故に店内も綺麗でおしゃれである。食品はオーガニックのものが多い。イギリスらしいお菓子やデパートの系列なのでお土産にも良い小物なども置いてある。

6. Marks & Spencer

イギリスのスーパーWaitrose

同じく階級が高めのスーパーである。自社ブランドの商品がほとんどを占める。こちらもお土産に適したお菓子なども置いてある。個人的に勧めたいのがFlapjackである。

7. ALDI

イギリスのスーパーALDI

ドイツ系スーパー。郊外にあることが多い、格安スーパー。ランダムな商品がディスカウントされていてディスカウント商品がとにかく安い。ドイツ系なのでやはりソーセージなどは美味しい。

8. LIDL

イギリスのスーパーALDI

ほとんどALDIと同じである。

9. ICELAND

イギリスのスーパーICELAND

冷凍食品専門のスーパー。値段はかなりお値打ちである。冷凍食品専用のスーパーがあることからいかにイギリス人が料理しないかが伺えますね(笑)

イギリス留学 関連記事

この記事の著者

Hinako

Hinako

現在イギリスのリーズ大学に交換留学中の大学3年生。毎日とにかく楽しく生き、新しいことにチャレンジするのが大好き。趣味は温泉。一人でも余裕に銭湯行けます。

関連記事

ページ上部へ戻る