イギリスのコンセントはどんな感じ?留学前に要チェック!

イギリスのコンセント

はじめに

みなさん、こんにちは!Dスケです。今日は、雨というイギリスの天気予報は外れ快晴です。そういうわけで、今日は友達と博物館へ出かけることにしました。イギリスは晴れていても、雨が降るのでみんな日常的に折り畳み傘は常備しています。降っても、日本でいう小雨程度なので、少し雨宿りしているとすぐに止みます。

今回はtwitterで多くの質問を受けた「イギリスのコンセント事情」についてご紹介しますね。

コンセントの種類

イギリスのコンセントの種類は、3つの穴があるBFタイプです。そして電圧は240Vあるので、変換プラグが必要になります。日本はAタイプの100Vなので、コンセントをダイレクトにさすと機械が壊れてしまいます。

「変換プラグ」と「変圧器」が必要なのでこちらは、日本から持ってきておきましょう。僕は、ヨーロッパの各地を旅行する予定なので、他にもプラグをいくつか持ってきています。

ただし、最近の日本のiphoneの充電器は100V~240Vと書いているので、ダイレクトに使っても問題ないです。日本から持っていく家電が何V対応なものかをからずチェックしましょう。

たこ足配線のコンセントも1つは用意しているととても便利です。僕は、日本から持ってきていなかったので、今少し不便な状況です。

留学先でのコンセント

イギリスには至るところで充電できる

イギリスでは博物館や図書館、カフェやレストランなど至る所で充電ができます。日本だと、充電できるところを結構探さないと見つからなかったりしますよね。

イギリスには、街の至る所にカフェがあり、もちろん先日ご紹介したマクドナルドにもたくさんありますのでご安心ください!

イギリスのカフェにあるコンセント

おわりに

イギリスには、充電できる場所が多く全然日本とは違います。充電だけではなく、Wifiも多いのでとても便利にネット環境を使うことができます。多くのビジネスマンがカフェで仕事をしています。

イギリスみたいに日本も、同じようにいろんなところで充電できるスペースがあればいいですよね。イギリスに来る際には、是非チェックしてからきてくださいね!

この記事の著者

Dスケ

Dスケ

名前 Dスケ(小部家大将)
年齢 26歳
出身 大阪府豊中市
経歴
関西大学社会安全学部 卒業
大手企業に入社
ロンドン留学を決意し退職

趣味
映画鑑賞(年間100本以上は鑑賞しています)
バドミントン、テニス(練習中です)
美術館、博物館、カフェ巡り
写真撮影、ブログ作成
ファッション
資格の取得(基本的にはいろんなことを学ぶことが好き)

おすすめの映画
ニコール・キッドマンが出演している映画は個人的に全て好き
その他「PS I love you」「独裁者」「エリンブロコビッチ」
「オーロラの彼方へ」「今を生きる」など

好きな言葉
「stay hungry, stay foolish」 by スティーブ・ジョブズ

メッセージ
社会人になってからの留学はかなりハードルが高いのでは?と思われている方がほとんどだと思います。
今、留学を考えいてるけど迷っているという人も多くいると思います。
僕自身も大手企業を退職したことで周りの人からかなり、ネガティブな意見も言われました。
留学に意味があるのではなく、そこで何を学び次にどう活かすかが重要だということを心に留めて

ロンドンへ留学します。そこでの経験や学び得たことをみなさんと共有していきたいと思います。

また、留学情報だけでなくイギリスで流行しているものや
ヨーロッパのファッション・グッズなどをご紹介できればと思いますので
これから僕の留学を通して、皆さまと繋がりを持つことができることを心から楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

関連記事

留学voice Instagram

ページ上部へ戻る