スイスでバス・トラム・電車・タクシーに乗ってみよう! ~ドイツ語圏の場合~

ただいまスイスに留学真っ最中のkuraraです!海外で交通機関を利用するときって切符の買い方などがわからなくて緊張しますよね…。

今回は私の住んでいる地域を例として、どうやって切符を購入するのかご紹介いたします。

一番簡単な切符の買い方

定期券を所持していればほとんど利用することのない券売機、どの停留所や駅にも(上り・下りどちらかの方にしかないこともありますが)設置されています(写真①参照)。

スイスの券売機

写真①

まず、写真②の左下にある「Anderer Zielort」を押します。

スイスの券売機

写真②

写真③の画面になったら到着駅の名前を入力します。

到着駅名を選択したら次の画面に移行され、運賃が表示されます。この時、「1日券」「1等車にアップグレード」「Halbtax/Demi Tarif(半額カードを持っている場合)」「回数券(6回分)」を選択することも可能です。

スイスの券売機

写真③

スイスではクレジットカードやICチップ付きの銀行カードでの支払いが主流なため、券売機によっては現金を取り扱わないものもあります。

ナイトバスを利用してみよう!

ナイトバスとは深夜(大体0時以降)から明け方にかけて、主要な停留所を通るとっても便利なシステムです。

深夜のバスなんてすごく混んでいて治安が悪いのでは…と心配していたのですが、全くそんなことはありませんでした。

1時間に1本くらいのペースで走っているので、事前に調べておいたほうが無難でしょう。前述の通り、すべての停留所を網羅しているわけではないので、深夜の街を(ほとんど誰も歩いていません)駆け抜けなくてはいけませんのでくれぐれもご注意ください。

 

チケットの買い方は券売機で「Nachtzuschlag」というボタンを押すとすぐに支払い画面に切り替わります。

料金は一律5CHF、途中で乗り換えても追加料金はかかりません。

 

参照HP:https://www.zvv.ch/zvv/de/abos-und-tickets/tickets/nachtzuschlag.html

タクシーを利用してみよう!

私が来る前にさんざん「ぼったくられる!」「生粋のスイス人は利用しない!」と口を酸っぱくして言われたスイスのタクシー、今までのところ危険な目に遭ったり、ぼったくられたりすることもありませんでした。

 

初乗運賃が6〜7CHFで1kmごとに3〜4CHF加算され、夜間や休日は割増料金が発生します。プラス、荷物をトランクに入れる場合には1個につき1CHFほど追加料金がかかることも。

 

ちなみに、私が初めて利用したのはチューリッヒ空港から市内のホテルまで30分の距離で、チップ込み7000円かかりました。決して安くはありません。

 

もし、ぼったくられるのが怖ければ、事前に所要時間が掲載された地図のスクリーンショットやプリントアウトを用意しておき、それを見せると遠回りを防ぐことができると思います。

 

一般的なタクシーネットワークはTAXI444(https://www.taxi444.ch/)です。

 

 

また、Uberという日本ではあまり知られていない、個人事業者もタクシー会社も参入している配車アプリがあります。ドライバー情報が確認できたり、事前にクレジットカードでの支払いが可能なのでぼったくられたりせず、忘れ物があっても事後対応がしやすいというメリットがあります。

 

使い方は、Uberアプリをダウンロードし、氏名やメールアドレス・クレジットカード情報を登録します。位置情報を使い、降車場所を選択後、運賃と所要時間を比較して車両を選べばOKです。

 

 

日本ではなじみのないシステムもありますが、使いこなしてこその海外ライフ!ぜひ一回はチャレンジしてみてくださいね♪

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

kurara

kurara

フランス・カナダ・スイスへの留学経験あり。今秋から再びヨーロッパへ留学!

関連記事

ページ上部へ戻る