留学中の体調管理で注意すべきこと

留学中の体調管理

はじめに

みなさん!こんにちは!Dスケです。日本にいるときは、風邪を引けばすぐに病院に行けばいいもののイギリスではそう簡単に病院に行けないです。

理由は医療費がとても高いこと。そして、保険に入っていたとしても保険の手続きをしないと行けないという煩わしさがありますよね。

僕も昨日は、少し体が重たいなと思っていると徐々に全てに対してやる気が起きない状態になってしまいました。僕は体がめちゃくちゃ強い方で、風邪とかもあまりひかないのですが、留学中にしている風邪予防についてお話させていただきます。

料理ができなければ「プチトマト」

風邪を予防するためには、免疫を高めておく必要があるのでとにかく食に偏りがないように栄養のバランスをきっちりと取りましょう。

僕も、料理を全くしたことがないままイギリスに来たのでこっちでとにかく「プチトマト」を毎日食べるようにしています。トマトは本当に栄養価が高いで有名ですよね。そしてさっと洗って果物感覚で食べられるので、料理ができない僕には最高の野菜です。なるべく野菜の神様のパプリカ、ブロッコリーも摂取するようにしています。

留学中の体調管理

日本の風邪薬を持って来ておく

外国でもらった風邪は外国の薬の方がいいという方がいるのですが、個人的には僕の体に合うのかな?というのが正直のところで、なるべく薬に頼りたくない僕にとっては馴染みの日本の薬を持って来ています。

風邪薬は、本格的に熱や症状が出る前に飲みましょう。ちょっと体調が悪いかもと思ったらそれは、風邪をひく前に自分の体が出しているサイン!早めに抑え込む絶好のチャンスです。たくさん栄養をとって風邪薬を飲んで寝てしまいましょう。無理は厳禁です。

ただ、万が一本格的な熱が出たり異変を感じたりしたら病院に行って見てもらうのが一番です。自分の体以上に大切なものはないことを心がけて起きましょう!

この記事の著者

Dスケ

Dスケ

名前 Dスケ(小部家大将)
年齢 26歳
出身 大阪府豊中市
経歴
関西大学社会安全学部 卒業
大手企業に入社
ロンドン留学を決意し退職

趣味
映画鑑賞(年間100本以上は鑑賞しています)
バドミントン、テニス(練習中です)
美術館、博物館、カフェ巡り
写真撮影、ブログ作成
ファッション
資格の取得(基本的にはいろんなことを学ぶことが好き)

おすすめの映画
ニコール・キッドマンが出演している映画は個人的に全て好き
その他「PS I love you」「独裁者」「エリンブロコビッチ」
「オーロラの彼方へ」「今を生きる」など

好きな言葉
「stay hungry, stay foolish」 by スティーブ・ジョブズ

メッセージ
社会人になってからの留学はかなりハードルが高いのでは?と思われている方がほとんどだと思います。
今、留学を考えいてるけど迷っているという人も多くいると思います。
僕自身も大手企業を退職したことで周りの人からかなり、ネガティブな意見も言われました。
留学に意味があるのではなく、そこで何を学び次にどう活かすかが重要だということを心に留めて

ロンドンへ留学します。そこでの経験や学び得たことをみなさんと共有していきたいと思います。

また、留学情報だけでなくイギリスで流行しているものや
ヨーロッパのファッション・グッズなどをご紹介できればと思いますので
これから僕の留学を通して、皆さまと繋がりを持つことができることを心から楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ