アメリカ留学中に寝込んだ時、欲しくなったモノ5選

留学中の病気

留学中どんなに気をつけていても、やっぱり病気にはなるもの。私も3年間の留学生活で2回ほど胃腸炎のような病気になりベッドから数日出られなくなったことがありました。

その時に必要だったあんなものやこんなもの。病気になった時に必要なものが、アメリカで手に入るのか、日本から持って行った方がよいのか、紹介します!

1.体温計

アメリカにもちろん体温計は売っているんですが・・・困るのが単位計算。日本は℃ですが、アメリカは°F表記です。そのため寝込んでいる時にのんきに単位計算できると思えない人は日本から買ってくることをおすすめします。

私は在米3年目ですが相変わらず単位計算は苦手・・・。日本からの体温計に頼っています。

同じように日本から持っていきたいのが体重計。こちらもアメリカだと単位が異なります。病気になると、体重が極端に減ったりしますよね。その確認に必要だと思う方は日本から持っていくべし!最近では軽いノート型のものがお手軽な値段で売っているのでアメリカに持っていくのも大変じゃないはず。

体温計

2.薬

薬は持っていくものリスト に初めから入っている人も多いのではないでしょうか。私が一番活用した薬は頭痛止めの薬。少し頭が痛いけど授業を休めないっていう時に薬に頼っていました。

アメリカでももちろん薬局などで頭痛薬などは売っています。が、私は色がどぎついものなどが多く、結局怖くて挑戦することができませんでした。

アメリカの薬の方がむしろ日本よりも効き目が早い!と言い、アメリカの薬を好んで飲んでいる日本人などももちろんいたので一概には言えませんが、日本の飲みなれた薬を持っていくのが一番かなと思います。

3.スポーツドリンク

寝込んでいる時のお供と言えばスポーツドリンク。

日本から粉末タイプのスポーツドリンクを持くる余裕があれば良いですが、荷物が増えてしまいうので、私はいつもアメリカで調達しています。

よく買うのはGatoradeとPoweradeの2種類。どちらもカラフルなのが特徴。というかアメリカのスポーツドリンクというと基本カラフル。色によって味も違います。個人的に好きなのは水色のもの。

これもまた好みの問題なので、色がカラフルなスポーツドリンクはちょっと・・・という方は日本から持ってくるのが一番かもしれませんね!

4.冷えピタ

私にとって熱がある時はもちろん頭痛の時も貼りたくなるのが冷えピタ。これは私は日本から持ってきていましたが、アメリカでもスーパーや薬局などで調達が可能で、cooling sheetなどと呼ばれています。値段も日本とそんなに変わらないくらいなのでこれは現地調達で十分かも。

5.消化の良い食べ物

アメリカでは寝込んだ時に食べるものといえばチキンヌードルスープくらい(コンソメ風のスープにチキンや野菜、パスタが入っているもの)。それでさえかなり大味で消化がいいのか少し不明(笑)

チキンヌードルスープ

弱っている時ほど日本の食べ物が食べたくなりがちなので、レトルトのお粥などを緊急時用に持っていくことをおすすめします。

以上寝込んだ時にほしい5選でした!

日本人が少ないところに留学予定の人は、留学してすぐに寝込んだ時セットを買っておくことをおすすめします。意外にも、学校内の自動販売機にスポーツドリンクがなかったり(笑)、寝込んでから友達に英語で頼むのはいろいろと大変だったりするので、万が一に備えて事前に用意しておくと安心ですよ!

 

この記事の著者

きゃれ

きゃれニューヨーク留学

高校卒業後、アメリカのニューヨーク州にあるストーニーブルック大学に進学。大学生活・アメリカ生活についてたくさんシェアしていきます!

関連記事

ページ上部へ戻る