オーストラリアでワーキングホリデー!海外旅行保険はどうする?

オーストラリアワーキングホリデーの際の海外旅行保険

こんにちは。今回は、海外旅行保険についてお話します。学生ビザは保険の加入が必須ですが、ワーホリビザは任意加入です。何かあってからでは遅いので、よく調べて検討してみてくださいね。

海外旅行保険って?入った方がいい?

海外に行ったときに、事故やケガをしたり、盗難の被害にあったりと、思わぬアクシデントが起こることも。
そんなときの補償をしてくれるのが、海外旅行保険。
医療費などのお金の面はもちろん、現地での日本語サポートやトラブルの処理などもサービスに含まれています。

また各保険会社によって、補償の内容や金額などが異なるので、よく比較して、自分の目的に合ったものを選ぶことが大切です。

そもそもなぜ保険に入る必要があるかというと、オーストラリアはもちろん、他の国でも病院での診察代や医療費はびっくりするほど高いからです。オーストラリアで救急車を呼んだら700ドル以上(日本円で8万円以上)。国や地域によって異なりますが、高いことに変わりありません。保険に加入していないと考えると、ゾッとします。自分は健康だし大丈夫だろうと思っていても、海外では何があるかわかりません。

オーストラリアの医療費

オーストラリアで体調を崩したら・・・

日本で生活していても、風邪をひいたり体調を崩すことがあります。
そんなとき、日本なら風邪をひいたら内科、目が痛いなら眼科、と最初から専門の診療所にいきますよね?

でもオーストラリアの場合は、どのような症状でも、まず一般開業医であるGeneral Practitioner(GP)と呼ばれる機関に行くことになります。
GPは歯科、精神科以外の症状なら、ほぼ診てもらうことができる機関。
GPで、検査をしてもらい、必要に応じて、専門の診療所を紹介してもらいます。

クレジットカード付帯の海外旅行保険じゃダメ?

みなさんが1枚は持っているクレジットカード。
クレジットカードによって、海外旅行保険のサービスがついていることがあります。
追加で保険料を支払う必要がないので、金銭的には嬉しい反面、携帯品補償など一部の補償がされていないということも。

海外旅行保険がついているクレジットカードでも、補償の内容をよく見直し、不足している内容については、別の海外旅行保険の補償を追加しておくと安心です。

知っておくと便利な海外旅行保険の保険用語

まずは複数の保険会社を比べて、自分に必要な保険を探します。用語を理解すると比較がしやすくなるので、保険用語を押さえておきましょう。

基本となる保険用語

  • 被保険者:保険の対象になる人のこと。自分で保険に加入し海外に行くのであれば、自分が被保険者になります。
  • 保険金:事故などにより損害が発生した場合に、保険会社が被保険者に支払う金銭のこと。
  • 保険料:保険に加入する際に、被保険者が保険会社に支払う金銭のこと。
  • 主契約・特約:主契約は、保険の基本となる補償のこと。主契約に対し、特約はオプションのような補償。主契約に特約を追加して契約します。特約補償だけの契約は基本的にはできません。
  • 免責:保険金を支払わない事由のこと。契約の内容に応じて、保険会社は保険金を支払いますが、特定の原因では補償されないこともありますので、注意が必要になります。

補償に関する保険用語

  • 傷害死亡:旅行中、偶然事故に遭い、ケガが原因で死亡した際の補償。海外旅行保険の主契約の1つ。
  • 傷害後遺障害:偶然の事故などによる後遺障害の補償。海外旅行保険の主契約の1つ。
  • 疾病死亡:旅行中の病気による死亡の補償。
  • 治療・救援費用:怪我や病気による医師の治療や手術費用 入院費などの補償。海外旅行保険の主契約の1つ。
  • 賠償責任:旅行中に他の人にケガをさせてしまったり、物を傷つけたりしてしない、損害賠償を求められた際の補償。滞在中の部屋を水浸しにした、お店の商品を壊したなどが該当します。
  • 生活用動産:空き巣や盗難が原因で、宿泊・居住施設内にある家財が破損した場合の補償。主に長期契約向けの補償のため、特約の1つになります。
  • 携行品損害:旅行中に携行している自分の所持品(カバンやカメラ、衣服など)が盗難、破損してしまったなどの補償。置き忘れや紛失は対象にならないので気を付けましょう。
  • キャッシュレス・メディカルサービス:各保険会社が現地の医療機関と提携して行っているサービス。診察料や医療費が保険会社から直接病院に支払われるので、現地で自分が支払う必要がありません。ただし、各保険会社によって、提携している機関や内容が異なりますので、事前に確認が必要です。

留学生専用の保険(特約)に関する保険用語

  • 留学生賠償責任:通常の賠償責任に加えて、ルームシェアやアパートなど借りている部屋の失火などが原因で賠償責任を問われた際の補償。
  • 留学生生活用動産:携行している身の回りの物や、宿泊・居住施設にある自分の家財が盗難や火災に遭った時の補償。
  • 留学継続費用:留学生の扶養者が偶然の事故によるケガが原因で死亡や重度後遺障害になった場合、留学生が留学を継続するための補償。

 

オーストラリア留学のための海外旅行保険

もしもの時に必要になる海外旅行保険。

楽しい留学生活にするためにも、事前にしっかり調べて、自分にあった保険を見つけてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

Eri

Eri★オーストラリアでワーホリ中

会社を辞めて、オーストラリアのメルボルンでワーキングホリデー中です。ホームステイ、語学学校、シェアハウス探しなど現地の情報をお届けします。

関連記事

ページ上部へ戻る