イギリス留学中の食事のこと。やっぱりまずいの?外食は高め?

イギリス留学中の食事

はじめに

みなさん、こんにちは!Dスケです。最近、やっと気温も暖かくなってきていて、散歩するのが気持ちがいいです。

先日の記事でも、オンライン英会話をしているという記事を投稿しましたが、家でやるよりもカフェや、外でやる方が、気合も入っておすすめです。

もう、僕は羞恥心を捨てて、恥ずかしくない英語を手にいれるように努力をする日々です。それでは、今日は「イギリスの食」について書いていきたいと思います。

イギリスの食費は高い!?

そうですよね。みなさんもこれは結構心配ですよね。というより、イギリスは、「高く料理はまずい」というイメージではないでしょうか?

僕も、同じイメージでおりました。

しかし、ご安心ください!現在イギリス在住の方にお聞きすると、イギリスの食料品はそんなに日本と変わらないということがわかりました。

ただし、イギリスが、高いというイメージなのは「外食」が高いのです。とにかく高いみたいです。笑 毎日、外食生活をしたら破綻するといっていました。

留学生活でも、イギリスでは自炊が必須だと思います。それか、食事付きの量やホームステイをするかだと思います。

ちなみに、僕は日本では料理は一切したことないです。それでも、イギリスで料理をしようと思っています。(無謀かもしれない。笑) 

さらに、パンとか野菜、果物は日本よりも安いと言っていました。なので、とにかく店で食べずに買ったとしてもテイクアウトして外で食べましょう!

イギリス留学

イギリスの料理はまずいのか?

これもよくある質問ですよね。「料理はまずい」と言っていました。

これも現地で確認する予定です。笑 

ただ現地に住んでいる人に聞くと日本料理は確かに味が薄く、まずいと言っていました。イギリスにある日本料全てがまずいと言ったら、怒られるので、あくまでもその方が言った店での話にはなります。

もちろん、イギリスには多国籍の料理があり、中華は無難に美味しいから、お腹が空いてどうしようもないときは、中華に行くことをおすすめするとのことでした!(なんとなくホッとしました) 

なので、日本料理系のお味噌汁とかは日本から持っていた方がいいよとのことでした。僕も、インスタントの味噌汁とかはたくさん持って行こうと思います。日本の味噌汁とかもてなすと、とても感動されるみたいです。

イギリスの外食におけるチップ

もちろん、イギリスはチップ制です。それでは、どれくらいのチップを支払うべきなのかと言いますと約10%程みたいです。つまり1000円のものを買ったら、100円のチップを支払うと言った感じでしょうか。

ただし、最近では多くのイギリスの店では、チップがすでに料金の中に含まれているので、無駄に多くのチップを支払う必要がありません。

しっかり勘定表をチェックしましょう!

チップは、サービスへのお礼なので悪いサービスなのでチップは不要ですよ。(日本と比べてしまいそう) 

なんかチップ計算するのめんどくさいので、1ポンド渡しておけば問題ないんじゃないでしょうか?サービスよかったな~と思ったら2~3ドルとか、そういう感覚でも問題ないとのことです。

イギリスで日本食を購入できるか?

「できます。」ロンドンにあるジャパンセンターで日本食を購入することができます。

そこでは、あらゆる調味料からインスタント系なども販売されているので、日本人の駆け込み寺的存在みたいです。

僕も、食にはうるさい方なので、本当にあると聞いて安心しました。

イギリス留学中の食事

さいごに

留学の醍醐味の一つでもある現地の食事をぜひ楽しみたいですよね。イギリスも最近では美味しくなってきていると言われているものの、おそらく僕は自炊して日本食かパスタかパンを食べていると思います。

それにチーズが嫌いな僕は、チーズ好きな人よりもヨーロッパを満喫できないと思います。チーズ好きがとても羨ましいです。笑 

それでは、次回は「日本からイギリスへの荷物」について書きたいと思います。お楽しみに!

この記事の著者

Dスケ

Dスケ

名前 Dスケ(小部家大将)
年齢 26歳
出身 大阪府豊中市
経歴
関西大学社会安全学部 卒業
大手企業に入社
ロンドン留学を決意し退職

趣味
映画鑑賞(年間100本以上は鑑賞しています)
バドミントン、テニス(練習中です)
美術館、博物館、カフェ巡り
写真撮影、ブログ作成
ファッション
資格の取得(基本的にはいろんなことを学ぶことが好き)

おすすめの映画
ニコール・キッドマンが出演している映画は個人的に全て好き
その他「PS I love you」「独裁者」「エリンブロコビッチ」
「オーロラの彼方へ」「今を生きる」など

好きな言葉
「stay hungry, stay foolish」 by スティーブ・ジョブズ

メッセージ
社会人になってからの留学はかなりハードルが高いのでは?と思われている方がほとんどだと思います。
今、留学を考えいてるけど迷っているという人も多くいると思います。
僕自身も大手企業を退職したことで周りの人からかなり、ネガティブな意見も言われました。
留学に意味があるのではなく、そこで何を学び次にどう活かすかが重要だということを心に留めて

ロンドンへ留学します。そこでの経験や学び得たことをみなさんと共有していきたいと思います。

また、留学情報だけでなくイギリスで流行しているものや
ヨーロッパのファッション・グッズなどをご紹介できればと思いますので
これから僕の留学を通して、皆さまと繋がりを持つことができることを心から楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ