フィリピンで人気No1ファストフード ジョリビーとは?

ハンバーガー

イツキです。フィリピン留学に折角だから訪れた方が良いファストフード店があります。

その名は “ジョリビー”

フィリピンでは知らない人はいないといっても過言ではないファストフードチェーンです。日本人の多くの人は聞いた事がないであろうジョリビー。

今回はこの事にお店について紹介していきたいと思います。

ジョリビーとは?

ジョリビーは、華僑系フィリピン人トニー・タンが創業したファストフードチェーン店。

最初はアイスクリーム屋でスタートしましたが、ホットドッグ、ハンバーガー、フライドチキン、パスタと販売種目を拡大していきました。
フィリピン人好みの味付けを重要視した結果、フィリピンではファストフード店シェアNo,1となっています。

あのマクドナルドがシェア1位を獲得できていない国の一つがフィリピンです。
フィリピン国内のジョリビーの店舗数は、約100店舗、マクドナルドが約500店舗。2倍の店舗数の違いがあります。

 

人気の理由は大きく2つ。

1つは味でフィリピン人向けの甘い味付けのメニューが多い所。

ジョリビーでは、トマトケチャップではなくバナナケチャップという甘いケチャップ使用されています。そのため、日本人にとっては、スパゲッティやハンバーガーが甘い味付けで違和感を感じる方もいます。

2つめは、ジョリビーならではのオリジナルメニューです。

ジョリビーには、他のファストフード店にはないスパゲッティやフライドチキンとライスのセットとフィリピンならではのメニューを食べる事ができます。

もちろんマクドナルドと同じように多くのハンバーガー系のメニューもあります。

しかし、フィリピン人は日本人の3倍お米を食べると言われているため、ハンバーガーよりもオリジナルメニューであるフライドチキンとライスのセットの方が人気があるそうです。

値段は?

では価格はどのくらいするのか?

例えば、人気のメニューミートソーススパゲティとフライドチキンのセットや、ハンバーグセットはいずれも200円前後と料金がリーズナブルでお得に満足のいく量を食べられます。

ハンバーガー、チーズバーガー等のセットも同様に200円前後、マクドナルドと比べても50円~100円程度安いので、値段の面では現地のマクドナルドよりコスパはいいといえるでしょう。

この値段の安さから、現地で食べに行っている人が多くいたと思います。自分も夕食を食べ忘れてしまった時、休日のお昼によく利用いていました。

フライドチキン

衛生面は平気か?

ファストフード店とはいえ衛生面は安全なのか?と思う方がいるかもしれません。

これに関しては食べても体に影響はない、お腹を壊さないとは言い切ることができません。

最近は都市部の発展、日系企業の進出もあり、チェーン店は衛生管理や接客などのマニュアルの徹底しており利用者からの信用も上がっています。

しかし、フィリピン留学中に食中毒やお腹を壊す方がいるので、現地のファストフードに必ずしも悪影響はないとはいえません。

実際、私がジョリビーでハンバーガーを買ったとき、ハンバーガーに他のメニューで使われたであろう米の粒が付着していたことがありました。不安に思いながらも食べましたが、結局私の身には起こりませんでした。

あくまでフィリピン、日本とは違い飲食店は衛生面が徹底的に管理されているというわけではありませんので少しはリスクがあるでしょう。

しかし、衛生面で問題は日本でも0ではありません。多少の事は割り切ってフィリピンならではのファストフードで食事を楽しみましょう!

 

フィリピン留学の際は是非ジョリビーに行ってみましょう!

フィリピン留学 関連記事

フィリピンの都市
LINEで送る
Pocket

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る