スペイン マドリードで大行列!人気のタコス屋さんとは?

スペインのタコス

Hola a todos!! みなさん、こんにちは。

スペインに旅行に行ったら、みなさんは何を食べたいですか?

やはりパエージャや生ハム、トルティーヤを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。ですが、旅行中にその国の郷土料理に飽きてしまった・・・という経験をした方も多いはず。

そこで今回は、マドリードで人気のタコス屋さんについて紹介したいと思います。

いつ行っても大行列!

マドリードに2店舗あるタコス屋さん、その名も”Takos Al Pastor”。ソルの近くのカルメン広場に一店と、マヨール広場の近くに一店あります。カルメン広場の方は月休み、マヨール広場の方は月火休みです。それ以外は13:30から24:00まで営業してます。

なんでこのタコス屋さんがこんなに人気なのか、その秘密は何と言っても値段にあります。このタコスが1€で食べれちゃうんです!!なのでいつもこの大行列。回転が早いので大体30分前後で席に座れますが、どの時間帯に行っても混んでいるので並ぶのは覚悟してから行くのが良いと思います。

スペインのタコス屋さん

オーダーの仕方とおすすめメニュー

このタコス屋さんでは、先に注文します。海外あるあるですが、注文時に名前を聞かれ店員さんが料理を持って来てくれる時にその名前呼びます。少し恥ずかしい気もしますし、アジア人の名前はこちらの人にとって難しいことも多いのでちゃんと呼ばれるとは限りません(笑)

おすすめはPastor(少し辛いかも)、Suadero(お肉がたっぷり)、Champiñones con queso(マッシュルームにチーズがたっぷり)の3つです。私自身、1€という激安な値段についつい頼みすぎてしまいます(笑) 1€ではないですが、ケサディージャというタコスの生地にチーズがたっぷり乗ったものも2~3€で食べれるのでおすすめです。

飲み物の種類も豊富で、メキシコで有名なコロナビールを始め、ミチェラーダ(メキシコで人気のカクテル)や写真にあるような炭酸飲料などがあります。この炭酸飲料ですが、7種類(グアバ、オレンジ、マンゴーなど)ほどありタコスととても合うのでおすすめです!

スペインのタコス

さいごに

スペインに行ったらもちろんスペイン料理を楽しむのも良いですが、味に飽きてしまったときや節約したいときはこのタコス屋さんをお勧めします!スペイン人に大人気のお店なので、現地の雰囲気を味わうにももってこいだと思います。

スペイン留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

nomu

nomu

スペイン、マドリードの交換留学生。留学先としてはまだまだ馴染みの薄いヨーロッパのリアルな情報を発信していきたいです!旅行が大好き。

関連記事

ページ上部へ戻る